人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ: 恋愛

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
106: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)01:56:30 ID:fni
婚活でお付き合いした人が物凄いモラハラ男だった
それはもう絵に描いたようなモラ男
何もしてないのに勝手な妄想で突然キレ出して無視
LINEブロック・着拒は日常茶飯事
こちらがメールから反省文を提出し、下手に下手に出てやっとお許しが出る
人を攻撃する口実は全て「俺をこんなに傷付けて何とも思わないのか!お前は人間じゃない!」
彼の対処策を検討し尽くした結果、モラハラ(自己愛性人格障害)にはかなり詳しくなった

最終的にはある事がきっかけでもうやってられんと茶番を止め、繊細ヤクザな彼の攻撃をハイハイとスルーし淡々と理詰めで反論
すると予想通り「なんて恐ろしい女だったんだ…!」
「お前からの連絡が恐怖だ!物凄いストレスで頭がおかしくなりそうだ!」
「お前が豹変して俺は仕事も出来なくなった!もう俺と関わらないでくれ頼む!俺の前から消えてくれ!」
とかなり攻撃的に恐怖を主張されてあっさり振られた


【モラハラは酷いが顔は美形の彼。整形だと確信した途端、存在そのものが気持ち悪くなった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)11:08:26 ID:iGP
大学生のとき、教授(当時50代前半)に恋をしていた
教授は既婚者だし倍以上年上だしで、相手にされる要素はまったくなかったけど
なんとか振り向いてほしくて一生懸命勉強して、学会のお供をさせてもらえるくらいにはなった

教授のお気に入りポジションを獲得した頃、教授から自宅に呼んでもらった
「家にある蔵書を見においで」ということだったけど、いつもだったらわざわざ自宅に呼ばずに
学校で本を渡してもらうだけだったから、きっと特別な意味があるに違いない!と舞い上がった

自宅にお邪魔したら、奥さんと息子さん(私より10歳上で別の大学の講師)に紹介された
奥さんがニコニコして「ぜひ夕食も食べていって」と言ってくれて、罪悪感を覚えた
びびりながら教授の蔵書を見せていただいていたら、同じ分野を研究している息子さんも来た
息子さんと色々話しながら本を見ていたら、いつの間にか教授が消えていて2人きりになっていた

そこで初めて教授の真意に気づいた
教授は日頃、息子に出会いがなくて~と嘆いていたんだ
そうか、教授は私なんか相手にしてなくて、息子にあてがおうとしてるんだ
それが普通なんだよね、きっと
だけど息子さんと結婚したら、教授とは家族になれるんじゃ?
これはチャンスじゃないの??

と脳内で激しくこじらせながら、奥様に呼ばれて夕食の席についた
その日はすき焼きだったんだけど、奥さんが息子さんにお肉をとってお皿に入れてあげていた
息子さんが「玉子がうまくとけてないよー」と文句を言って、奥さんが自分の皿と交換してやった
その後も息子さんの食事は、全部奥さんが甲斐甲斐しく面倒を見て、息子さんは食べているだけ
たまに私を見て「母さん、(私)さんにもお肉とってあげなよ、気が利かない」と文句を言う
教授は何も言わずに酒を飲みながら、その様子を目を細めて眺めていた

あ、マザコンとダメ両親だ、って気づいたら自分でもわけがわからないくらいすーっと気持ちが冷めた

その後、教授から「息子がまた会いたいと言っているんだけど」と声をかけてもらったけど
色々と言い訳して断り続け、就職も全く違う分野に決めてしまって同窓会にも行ってないので
もう教授とは交流もない

今朝郵便受けの中に「○○教授退官記念講演」というお知らせが入っていたのを見て
当時のことを思い出したので書き込み

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
142: 名無しさん@おーぷん 2017/03/17(金)23:34:14 ID:bJD
結婚を意識した彼氏と同棲した
車がなかったから利便性のいい駅前のアパートを借りたんだけど、どこも高くて狭くて安いアパートしか借りられなかった
私は身長140しかないんだけど、そこのアパートは狭い分高いところの収納が多くて届かないところが多かった
狭すぎて三段とかの踏台は置けず、彼氏には私が使うものは高いところに置かないでねとお願いしていた
なのに身長178センチの彼氏は平気で高いところにものを置く
土鍋をキッチンの一番高い戸棚に置かれたときは危険だしとってとお願いしたんだけど
「めんどくせーな」「チビってほんと面倒」と彼が暴言を吐くこともあった
同棲して一月くらい、私のティファールのケトルをキッチンの高い棚に置かれて、とってとお願いしたのにスマホに夢中で無視された
置ける台を置いたのに届かなくて、出勤前に焦っていたから、ジャンプした途端足元が崩れてガラスを割って転倒した
ものすごい音がした
隣の人が「大丈夫ですか!?」とインターホンを押すほど
気づいたら腕が手首から肘まで切れて流血してた
彼氏はそれを見た瞬間「何してんだこのマヌケ!ボケが!死ね!」と怒鳴った
それを聞いた隣人がDVだと判断して警察呼んで事態が大きくなった
駅近だから交番も近くにあったので、五分か十分程度で警察もきて、警察が私の怪我を見て救急車を呼んでくれた

その後色々あったけど、警察に話を聞かれているときも彼氏は私のことをずーっと悪く言ってて、氷点下どころか殺意まで湧いた
彼のご両親が常識人で入院中に謝罪をしてくれたのは救われた
隣人も彼の態度に怒っていてくれて、人の温かみに涙が出た

退院と同時にすぐ実家に帰った
腕に消えない傷が出来て母を大泣きさせてしまった
なんであんな男と付き合ってしまったのか自分の馬鹿さ加減に苛つく
同棲すっ飛ばして結婚しなくてよかった

143: 名無しさん@おーぷん 2017/03/18(土)07:59:52 ID:TS5
>>142
旅行や同棲で相手の本質を知るってよく言うけどホントだよね。
「スマホに夢中で無視」ってありえないね

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
434: 名無しさん@おーぷん 2017/03/12(日)19:41:23 ID:old
彼女と付き合って五年、彼女の誕生日だから、レストランでお祝いしてプロポーズするはずだったんだ
そのためにレストランにも話を通して、席に細工もした
計画は順調に、コース料理も前菜、スープ、サラダ・・・と進んでいった
メインディッシュを待っていたときに事は起きた
隣の席、彼女の真後ろに新規のお客さんが来たんだが、強烈な体臭だった
まずはじめに香ってきたのが加齢臭
続いてワキガ臭、そしてその人が喋ると歯周病の香りもしてきた
スタッフに席まで案内され、座るまでの短時間で、防犯スプレー並の威力で場の匂いを一瞬で変えた
匂いで酔いやすい彼女はすぐにトイレに消えた
追いかけることもできずに一人悪臭に耐えていると、スタッフから彼女が匂いに耐えられないと外に出られた、お席を変えますがどうしますかと話しかけられた
内心泣きながら席を変えてもらうも、彼女は戻ってきてからもメインディッシュに手を付けなかった
もう出されても食べられないからと食後のデザートも断ってしまった
誕生日ケーキを密かに準備してたんだが、出すわけに行かなかった
それくらい彼女の顔色は悪かった
デザートの後プロポーズする予定で指輪も準備していたが、出せなかった
彼女は終始申し訳なさそうに謝り倒していたし、俺も謝っていてとてもプロポーズはできなかった
帰りに気を利かせてスタッフがケーキを持ち帰り用にしてくれて、スタッフは悪くないのに謝り倒していて、それが余計彼女の罪悪感に拍車をかけた
その後彼女との間でレストランのことはタブーとなってプロポーズも流れてしまった

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その21】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
614: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/03/07(火) 23:53:11.34 ID:epQqXGxV
別れた元彼に偶然会った時、お互い友達を連れていたのだが
「よう、久しぶり~」等フレンドリーに近づいてきたので一言二言雑談したら
最後に耳元で「まだ待ってるから」と言われたこと
別れてもう2年過ぎてるよね?
別れた後、私に新しい彼氏ができたってことも知ってる筈だよね?
全く冷めている相手にそんなこと言われて鳥肌が立った

その後時々メールが来て、いずれ何かされるんじゃないかとビクビクして過ごした
メールの内容は「お前の後、いろんな女と付き合ったけどダメだった。金を騙し取られたりセフレ扱いされたり。
お前はそんなこと一切しなかった。お前と付き合っていた頃が一番幸せだった」的な内容を長々とポエム風に書かれていた

615: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/03/08(水) 01:22:10.21 ID:nJLABP0n
変な男ほど「別れた女はまだ俺を想ってる」と高確率で思ってる

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ 33話目 [無断転載禁止]©2ch.net

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
539: 名無しさん@おーぷん 2017/03/10(金)17:11:53 ID:1QZ
恋が冷めた瞬間か迷ったけどこっちで。
ずっと不細工だと思ってた母親が、彼女よりずっと美人で肌が綺麗だと気がついたことが衝撃だった。
すっぴんか最低限しか化粧しないし、服も地味、美容院は時々行ってもカットと白髪染めだけ。
そんな母親が嫌いで仕方がなかった。
もうちょい綺麗にしてほしいってずっと思ってた。
だから、化粧バッチリで流行のファッションに身を包んだ彼女から告白された時は舞い上がった。
理想のタイプから告白されて、デートもめちゃくちゃ楽しかった。
で、彼女のすっぴんを拝める機会がついにやってきたんだけど、なんか、がっかりした。
肌はガサガサでニキビも出まくってて、三十歳上の自分の母親の肌がずっと綺麗だった。
それでちょっと彼女と会う頻度下げたら、彼女と付き合い出した頃から自分に急に出来てたニキビが減ってきた。
母親にそれとなく相談してみたら、
彼女の化粧品がアンタに合わないのかもねー、母さんそれで化粧できないから、遺伝かもね、
って言われたのも衝撃。
肌に合わないから化粧できないって、化粧したくない言い訳だと思ってた。
化粧しない=不細工と思ってたせいで、友人からお前のかーちゃん綺麗って言われる度にハイハイお世辞お世辞って思ってた自分の頭にも衝撃を受けている。

【母親の方が美人で肌が綺麗だと気付いた途端、彼女に冷めた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
50: 名無しさん@おーぷん 2015/08/12(水)18:10:54 ID:zdD
私は子供の頃から、男の子のような趣味を持って。
好きな番組はヒーローもの。好きな遊びはプラモデルやミニ四駆。
女の子らしい格好もせず、いつも男子と遊んでた。
そのせいもあってか、小学校高学年になると同性の同級生から虐められるようになり、それが中学卒業まで続いた。
ちなみに、中学になると小学校時代に仲が良かった男子も離れていった。
一緒に帰宅するだけでカップルだと冷やかされるので、自然と疎遠になった感じ。

高校では虐められることはなかったけど、今まで女友達がいなかったせいもあってか、かなりギクシャクとした友人関係しか築けなかった。
いくつかグループがあったけど、どのグループにも入る事ができなかった。


大人になってから、子供の頃に仲が良かった男友達と偶然再会した。
そして、その男友達の友達(要は子供の頃の同級生)とも再会し、みんなでよく飲むようになった。
子供の頃に戻ったようで、本当に楽しかった。

けれどその頃、私の結婚が決まった。
私の両親は「婚約者がいるのに男友達と遊ぶのはどうなの?」と言うようになり、婚約者もあまり良い気分ではないようだった。
そして、遊びに誘われても参加することはなくなり、今はSNSでコメントを残す程度の仲。

連休になると、みんな友達同士で旅行へ行ったり遊びに行ったり、とても楽しそう。
けれど私は友達がいない。主人は連休がない仕事で、わたしは家にずっと1人。

過去に虐められた経験から、女性の友達を作ることが怖い。
普通に話していても「本当は私のことバカにしてるんじゃないの?」とか思ってしまう。
女性は何を考えているのか、わからない。怖い。

もしかすると、私の葬式、身内しかいないかもしれない。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板 9

このページのトップヘ