人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ: 復讐・仕返し

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
809: 名無しさん@おーぷん 2017/04/22(土)14:25:13 ID:68y
小中学生のころ暴力振るわれてたので、ちょっとした復讐をしたことがありましたね。
何で聞いたか覚えていませんか、『嫌いな人に感謝を伝えると関わりが無くなる』と聞いたので、これを使おうと思いました。
当時恨みが強かったのでそいつを驚かしてやろうと思い、ノートに赤字で[感謝しています]と全ページに渡りびっしりと大量に赤字で書いたものを渡しました。
最初はびっくりしたように固まっていましたが、その後泣き叫びながらその場にうずくまり、地面に頭を打ちつけながらビャーーーとか言って発狂していましたね。
そして学校に一切来なくなりました。
感謝の意を伝える事自体は法律違反では無いのでオススメの方法ですね。
ちなみに[ありがとう]では効果が無く、[感謝しています]では効果があるらしいですね。

810: 名無しさん@おーぷん 2017/04/22(土)16:09:32 ID:fqg
>>809
わか○○活サポセンの第一声「感謝しています」にイラッとして注文やめたのを思い出した

引用元: ・本当にやった復讐 3

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
798: 部活_① 2017/04/19(水)02:46:48 ID:1lC
とても昔の話、
私の中学生時代の話です。
何十年も経った今も、自責と後悔ともやもやした気持ちを持ち続けています。

私の中学校ではなんらかの部活動に所属しなければいけないルールでした。
私はこれといってやりたいこともなく、熱心な勧誘を受けたマイナースポーツの部に入りました。

その部の歴史について説明します。
創部2年目、つまり勧誘してきた先輩(2年生)が創部となります。
にもかかわらず、県大会ではすでにかなりの実績がありました。
その躍進は顧問の先生(Aとします)のおかげです。
Aはとても熱心で、赴任するや否や、周囲の反対を押しきり部を作りました。そんな訳で、室内スポーツであるにも関わらず、満足に体育館も使わせてもらえないような状況の中で指導に励んで県大会上位にまでいきました。
実績を評価されてか、我々の代では体育館を比較的使えるようになっていました。

私は、そのスポーツはあまりきつくないというイメージがあったので、「楽だけど、強くなれる」と勝手に思い込んで入部を決めました。


その部には、ほかの部と違うシステムがありました。
「基本コース」と「専門コース」が選択できるようになっていたのです。
基本コースは通常の部活動。
専門コースはより強くなるためのコース。

もちろん学校が承認したシステムではなく、Aが勝手に作ったシステムです。
私は最初、基本コースを選びました。

【部活で独裁恐怖政治をする顧問。主要部員が一気に辞め、担任に洗いざらい告白】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
765: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)11:14:20 ID:hcG
いわゆるキラキラネーム/DQNネームな私を馬鹿にし続けてくれた“親友”のA子
結婚して子供が出来て頭に花が咲いたのか、
20年前の私なんかと比べ物にならないような恐ろしい名前をつけようとした
当然家族に反対され、私に愚痴と相談をしにきたんで、“親友”として全力で応援した
結果A子夫婦離婚
錯乱したのか旦那や家族に怪我をさせてしばらく隔離されてたらしい
A子は自分の親とも絶縁され、子供(普通の名前になった)も旦那側に引き取られ、いまはアパートで一人暮らし
仕方ない面もあるんだろうけどね、A子の家は古い家で代々名付けのルールが決まっているような家
おかげでA子は古式ゆかしい、というか古臭い名前だった
他所に嫁いだA子の子供の名前にそのルールは適用されないんだけど、せめて常識のある名前にすべきだった
私達はお互いの名前が多少なりとも羨ましかったのかもね
でも私はA子の名前を馬鹿にすることはなく、A子は私の名前を徹底的にいじって遊んで晒して馬鹿にした
それでも私にとっては友達だったんだよなぁ
だからとても悲しかった
今“親友”の私は“心配”してときおり話をきいてあげてる
まあそれも私が結婚して遠く引っ越すまで
私に子供が出来たら名付け親になってあげるよ!と言われたが丁重にお断りしたいw

【DQNネームな私を馬鹿にしていた友人が、自分の子供にDQNネームを付けようとした】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
189: 名無しさん@おーぷん 2017/04/19(水)04:05:24 ID:kF1
今から4年前、母が弟の通う小学校に呼び出された。
いつも私に家事押し付けて弟と外食してるから(また外食か~)って思ってたら、なんだか不機嫌そうな顔で帰って来た
母はいつものごとく「ありがとう」の一言も言わずに私の作ったご飯を食べ始めた
先に食べた自分の分のお皿洗ってたから今での母の愚痴の内容は少ししか聞けなかったけど
「ちょっと給食かけただけじゃない」
「イライラしてたら足が出ることだってある」
「呼び出すとか大袈裟。甘えすぎ。そんなんじゃ生きていけない」
「厳しく育てたらDVやいびりに慣れるやん。大切に育てたら行き遅れるわ」
みたいな断片的に聞いた愚痴から察するに、弟がクラスの女の子に酷いことをしていたらしい

【女子をいじめた弟を擁護する母。私が反論したら頬を叩かれた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
183: 名無しさん@おーぷん 2017/04/17(月)05:58:23 ID:2Pn
あんまり大した話じゃないけど…
公立の小中学校って試験とかで振り分けられないから知的障害児が何人かいるよね
誰にでも学ぶ権利はあるからそれは別に構わないと思う。知的障害児がいることで多少の迷惑を被ったとしても、足の不自由な人に席を譲るとか、杖を付いて歩いてる人に道を譲るとか、そういう行動と同じだと思えば私は問題ないと思う
ただ、知的障害児の行動によってこっちが先生に理不尽に怒られたのは本当に苦しかった
小五~小六の時のクラスでは、朝のホームルームの時間に一分間目を閉じて今日の目標を考えるっていうよく分からない時間があった
その日の日直の人が前に立って、目を開けてる人がいたら注意するという決まりになっていた
私の日直の日、私のクラスにいた知的障害児がその日に限ってやたら元気で、朝のホームルームの儀式の時間も目を閉じずに手足をバタバタさせていた
それで三回ぐらい注意したところで「しつこい」って先生に叱られた
こっちは先生に言われたことを遂行しただけだったのに…この知的障害児のせいで…って怒りで顔が熱くなった
この知的障害児とは通学路が同じで、普段はこいつが車道に出ていたら引っ張って歩道に戻してたんだけど
(しつこいって叱られちゃったからもう注意しなくていいよね!)
って注意を放棄することにした
案の定、数日後に知的障害児は車に跳ねられた
跳ねられても外傷もなくピンピンしてたし車もすぐに走り去っちゃったし(轢き逃げ…)、後から怪我や障害が発覚することもなかったから、私も特に大人への報告はしなかった
とりあえずスカッとした

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 5

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
175: 名無しさん@おーぷん 2017/04/16(日)07:33:54 ID:KXf
私の髪を切ろうとしてハサミを取り出して、私を守ろうとした兄を切り付ける
姉をアザができるほど殴る
熱いお茶を運ぶ母の脚を蹴って転ばせて軽いやけどを負わせる
そんな暴虐の限りを尽くしてきた従兄弟を
「男の子だから仕方ないよね」「男らしく育ててるんだよ。あんたも女らしくなりなさい」
と笑いながら擁護して、逃げようとする私を押さえて無理やり居間に居させようとした伯母
最初は泣き叫ぶ私たちを引きずってでも帰省していた母は、私たちが中学生になった頃からパタリと帰省しなくなってくれた
理由は不明

最近、この伯母から母に涙混じりの電話がかかってくるようになった
脚を悪くしたって話は聞いてたけど、どうも従兄弟は援助や介護どころか長年顔すら見せてくれないらしい
伯父も金を全く残さずに逝ってしまったらしく、今後の生活のことで途方に暮れている状態らしい
福祉でも頼ればいいんじゃない?年金は?って母に言ったら、どうも寂しいのが一番辛いらしい
ふと伯母に言われた言葉を思い出して
「男らしく育ってよかったね、って言ってみたら?」
って言ってみた
母の「うん、そうだね…」みたいな適当な返答でこの話題は終わったけど、どうやら母は本当に私の提案を採用して伯母に嫌味を言ったらしい
ガチャ切りされて、以降は一度も電話かかってこないって

【私達家族が帰省する度に暴力を振るう従兄弟。伯母は「男の子だから仕方ない」と擁護していた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
47: 本当にあった怖い名無し 2012/09/07(金) 19:05:12.63 ID:wPhOsr5z0
子がイジメにあった。
それも私立小で。
担任に直訴したが「証拠はない」で、相手(加害者)の嘘を鵜呑み、一切指導も無し。
あまりの事態に子にレコーダーを持たせ、私は学校の近所に車を駐めイジメの様子を撮影。
「死ね」「クズ!」と大声で罵倒される我が子を撮影しながら、涙が止まらなかった。
そして車から降りてビデオを回しながら彼らのそばに行くと
「ゲゲッ!モンスターペアレンツだ!」
と彼らは逃げた。
翌日、仕事を半休した夫と「証拠」を持って校長に会いに行った。
イジメの様子を見た校長は

「コレはイジメとは言えません。イジメとは、病院に行くような大怪我をさせられたとか
 金銭を何万も脅し取られたとか、そういうことをイジメと言うんです。
 罵倒とか、ノートや教科書に落書きとか破くとか、大怪我しない程度の暴力なんて
 ただの子どもらしい悪ふざけですよ。
 それに、もうじき中学受験の試験日です。
 こんな大事な時期に、●●君達(イジメ加害者)を叱りつけて
 刺激するなんて、可哀相な真似は出来ません。」

【いじめの証拠を校長室に持って行った。加害者は私立中に合格できず、校長は退任】の続きを読む

このページのトップヘ