人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ: 復讐・仕返し

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
853: 名無しさん@おーぷん 2017/02/07(火)23:09:36 ID:64Y
初めて投稿するから文章がわかりにくかったらごめんなさい

中学生の頃、自分は努力する姿勢を誰かに見られるのがとてつもなく恥ずかしい事だと思っていた。
だから計算式ですら答案用紙に残すのも恥ずかしいと思っていた
そんな自分だから勉強する姿を誰にも見られた事がなかった。
何を言われても言い返さず、基本的に気が弱い節があったので年下からもよく馬鹿にされていた。
勿論、何も知らない小学生時代の後輩とかにも馬鹿にされた。
受験シーズンの時、人知れず勉強し高校も無事に合格。
高校を卒業する頃、件の後輩が受験シーズンの追い込み時期にも関わらず遊んでいた。
そして後輩は私にこう言った。
「〇〇(私)ですら合格出来たんだから、私だって余裕」
腸が煮えくり返るとはこの事だが、ぐっと我慢し
「そうだね、じゃあ頑張れ」と言った。
この時ドヤ顔をされた事は今でもわすれられない。
それから数週間後、後輩は受験に失敗。
滑り止めに受けた高校も全て落ち、通信制の高校に決まった。
就職も決まっていた自分は偶然会った後輩へこの言葉を贈った
「あれ?あれれ?余裕じゃなかったっけ?プッwwwあんなに馬鹿にしてたのにwww恥ずかしいね?恥ずかしいね?www」
顔を真っ赤にして悔しそうにした後輩は本当にスカッとした。
それから一年も経たずに後輩は通信制の高校を辞め、中学の頃と同じように「〇〇(私)ですら働けるなら(ry」と言って働き出し、悪い男に引っかかり借金の肩代わりをさせられそうになったとかで大変だったそうです。

【努力する姿を誰にも見せずに高校合格。私を馬鹿にした後輩は受験に失敗】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
859: 名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土)15:05:21 ID:s2L
中学生の時、一緒に登校してた友人が同じクラスの男子に背後から自転車で追突された
隣から鈍い音が聞こえて慌てて横を見ると、倒れ込んだ友人を自転車の上から「あっ、ヤベ」みたいな顔して見下ろしてる男子がいた
男子は謝りもせずに逃走した。
友人は車輪でふくらはぎを抉られて出血していた。短いソックスだったからダイレクトにダメージを受けていた
大丈夫なわけないのに「大丈夫?」なんて間抜けなことを聞いてしまった。「あんまり大丈夫じゃない」と苦しそうな声で言われた。
早い時間帯で周りに人もいなかったから助けも呼べず、仕方ないから友人をおんぶして学校に向かった
教科書学校に置きっぱなしにしてたから荷物はそんなに重くなかったけど、背中の上で何度も「ごめんね。ごめんね」って謝られたのが余計にしんどかったなあ
保健室について保健の先生に事情を話すとまず応急処置(包帯まで持ってきて下さった)それから職員室に電話を掛けて下さった
保健室に私の担任、副担任、友人の担任、学年主任が一挙集結して物々しい状態になった
友人は既にベッドの上でケロッとしてたけど、安静にしてほしかったから事情は私が説明した
単なる事故だから説明はすぐに終わったけど、学年主任が見るからに怒った顔になっていくのが別に私が怒られてるわけじゃないのに怖かった。
「とりあえず○○くん呼んでくるから」
って言われて職員室の隣の談話室に移動することになった
友人は保健室待機。出ていく時に言われた「ほんとにごめんね」が普段の元気な声色に戻ってて安心した
談話室についてしばらくするとブスッとした顔の男子が先生に連れられてやってきた
いつもつまらなさそうな顔した無気力な男子だったけど、その日は特に怠そうな顔だった(当然だけどね)
男子を挟む形で先生がソファに座って再度の事情説明が行われた。さっき説明したことを何度も話すのは正直面倒臭かった
男子「ぶつかってないです」
私「じゃあ警察呼ぶ?テレビで見たけど車輪で微物検査とかできるってさ」
先生「○○さんとぶつかったの?正直に教えてほしいな」
男子「ぶつかりました…」
男子「でもあいつが急に止まったから…」
先生「自転車は道路の左側を徐行だよ。だからそれ言い訳にならない」
私「そもそも止まってないです」
男子「…止まってないです」
男子「でもそんな大袈裟な…」
私「○○ちゃん大怪我してるんだけど」
先生「○○さん、結構酷い怪我してたよ」
男子「いや…かすったぐらいだったと思います…」
私「はぁ!?」
こんな感じの往生際の悪い会話の末、ようやく男子は自分の非を認めた。
なんか凄く長い時間が流れた気がしたけど、全部朝の会が始まる前の出来事だった。私は証人が終わったら放流された

友人はその日は早退して、念には念を入れて病院に行ったって。土日を挟んだ翌週にはまだ包帯は巻いてたけどすっかり元気になっていた
ただ、男子は友人に謝ったみたいだけど「正直全く反省してなかった」って言ってた
やったことは轢き逃げなのに、一応先生も怒ってはくれたけどそれ以上のことは何もなかったって
轢き逃げ以上に男子の言い訳に不誠実さを感じた。だから男子が友人を轢き逃げした件や男子の言い訳の内容をクラスのみんなに話してやった
「なにそれ最低」「うわっキモッ」等々、クラスのみんなの反応も良かった。
前のクラスで友人と同じクラスだった子がちらほらいたから既に友人から話を聞いてる子もいた。その子たちには男子の言い訳の内容もお話しした。更にドン引いていた
この男子はあまり人望がなかった(そもそもクラスに友人すらいたかどうか…)から、男子がちょっと悲惨な目にあうことを見越してのことだった
私の予想通り、背後から「どーん」と言われて足を蹴られたり
「あっごめんぶつかった」と荷物を後頭部にぶつけられたり
「あっすまんのぉ。だけど油断してた方が悪いよねwww」って机にぶつかられて教科書を床にぶち撒けたり
クラスが変わるまでの少しの間だけだけど男子はちょっと悲惨な目にあってくれた

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
777: 名無しさん@おーぷん 2017/01/27(金)14:55:43 ID:1Hs
私お手製のルームライトが兄夫婦の離婚の原因になりそうなこと
こちゃこちゃシルバーアクセサリーとかレース編みとかドレス作りが趣味で、ネット販売で学費と生活資金にしてたんだけど
前からサイトを見てたとかで「ウェディングドレスを作って」と「新居の内装デザイン(家具のペイントとかライティングとかも趣味だった)をして」と、酷い粘着行為をされた
ポストがタウンページも真っ青の量の手紙で埋まってたりとか(開封はしてないけど452通、切手は無かった)、仕事用のパソコンメアドが兄嫁からの1000件を超えるメールで使えなくなったり、無言電話がかかってきたり
お前その手間が会ったらドレス10着は作れるよってぐらいの熱意で粘着された
手紙やメールは白紙だったのかもしれないけど

警察に言っても家族内の案件は取り扱えないとか、、カツカツで食べてるので弁護士とか引越しも出来ず、両親は事情付きで対応できないので(兄とは話したくも無かった)
泣く泣くビーズ付きのドレスとボレロを兄嫁の細かい手書きの絵?注文書通りに作った
結婚式まで日がないとかで、他の仕事が出来なかった
大家さんの協力が無ければ多分学費滞納で大学辞めてたと思う

【兄嫁の粘着がしつこいので、彼氏と協力して復讐。4年半後、兄嫁の顔は悲惨な状態に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
767: 名無しさん@おーぷん 2017/01/22(日)03:56:24 ID:yJe
伯父はサバゲーが好き
サバゲーっていうのはソフトガンとBB弾を使って戦争ごっこをする遊び
近くにいいフィールドがあるみたいでツイッターで同志を集めてよく遊んでる
日々の鍛練のおかげか50歳になるのに身体は全く弛む気配を見せない

私が従兄弟(この伯父の子じゃないよ!)に
「若い身体なのに男遊びしないのは勿体ない!」
しつこく言い寄られて本気で泣きそうになってた時に
「若い身体なのに外遊びしないのは勿体ない!」
って伯父が従兄弟に装備と武器を一式渡してサバゲーに連れ出してくれた
日も暮れた頃、従兄弟はすっかり憔悴した様子で帰ってきた
伯父のお仲間にも相当可愛がられたとのこと
もう従兄弟は私に言い寄ってこなくなった
懲りたんだろうねw

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
798: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)05:25:23 ID:eRK
絶縁してた義両親から親戚伝いに
「孫が生まれたとは知らなかった。祖父母として会う権利はあるはずなのにひどい」
という恨み言が回ってきた
でもうちには子供なんていない
教えてきた親戚自身も
「あの人たちがこんなこと言ってたって聞いたけど、あなたたちには子供いなかったよね??」
という感じで、はてなマークいっぱい浮かべて聞いてきた


何のことかと思ったけど、思い当たるのはその2ヶ月前に子猫を飼い始めたこと
親に育児放棄された、目も開いてない子猫だったので、保温や数時間おきのミルク・排泄の世話が大変だった
それを上記とは別の親戚に、猫の話題だということを画像まで見せて伝えたうえで
「赤ちゃんのお世話がこんなに大変だったなんてw寝不足だわ」
みたいな感じで話したことはある

多分それが親戚間でめぐりめぐって、夜泣きやらオムツ替えやらに変換されながら義両親の耳に
入ったんだろうなー
中途半端な田舎であるうえ親戚の多い義両親の周辺で、どういう伝言ゲームが繰り広げられたのやらw
孫産め攻撃で息子夫婦に逃げられたことも広まっているから、もしかしたら意地悪な人が面白がって
わざと勘違いするように義両親に話したのかもしれないけど


そこまで思い至ったけど私も意地悪な心が起こって
「子供ができる見込みもありませんが、代わりに血のつながらない小さな命を家族に迎え入れました
物覚えのいい、大変賢くて可愛い子です」
と子猫の画像を見せながら、上記の義両親の恨み言を教えてくれた親戚に伝えた

その情報がめぐりめぐって義両親のところに
「あそこの夫婦は養子を取ったらしい。賢くて将来有望なんだそうだ」
とかそんなふうに伝わったそうで、今は「勝手に養子を取るなんて!」とひどくお怒りらしい
ある程度歪んで伝わるだろうと思っていたが、そんなふうに思惑通りいくとかえって面白くて笑えてしまうw

【子供のいない我が家で子猫を飼い始めたら、絶縁中の義両親が「孫に会いたい」と恨み言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
781: ■忍法帖【Lv=0,作成中..】 2017/01/27(金)22:45:10 ID:RTw
俺が中学の頃。
「いじられキャラ」「Mキャラ」と称されていじめを受けていた。
AとBの二人に。Aとは小学校から仲良くて親友といってもよかった。
でも、簡単に裏切った。Bは家が近所だから、一緒になっていた。
最初は仲良くした。いじりも社交辞令みたいなもんだろうと思って
スルーしてた。でもだんだんエスカレートして行った。
いじりは基本容姿の事。思春期だったもんで相当辛かった。
俺の性格上、基本的に悪口言われてもサラッと流すタイプだった。

ある日、教科書と筆箱盗られて、第三者の関係ない同級生のせいに
しやがった。もうそれに限界がきた。それまで考えたことなかった
「復讐」の二文字が頭に浮かんだ。そこから、気づかれないよう
に細心の注意を払って計画を進めた。
ある日、Bが学校を早退した。そんな時は隠れて学校の近くでずっと
ゲームしていることは有名な話。カメラでその様子を撮影しておいた。
俺は厳しい塾に一人電車で通っていた。その日俺は集中して塾を
一時間くらい早めに出ることに成功。塾にはちゃんと入退塾したか
わかるメール機能がある。それを利用した。入塾した時にはちゃんと
メールを送る。でも退塾の時はワザと送らなかった。
Aが部活の時、自分も部活のフリして学校に侵入。あらかじめ
調査しておいたAのロッカーの鍵を開ける。教科書から制服ま
で全部奪い取って近くの池に重りをつけて捨てた。ロッカーには
Bの生徒手帳とシャーペンも入れておいた。そしてBの万引き歴
などの犯罪の瞬間を収めたベストショットを学校に送った。
家に帰る途中に変装してAの家に中々取れない蛍光塗料ぶちまけ
ておいた。Bのサボり映像も送った。もう一回塾に行って帰るメール
を送って帰った。
次の日は大騒ぎでAの両親が訴えてきた。勿論Bと俺の
二人が疑われた。周りも完全に俺が日頃の仕返しでやったんだろう、
と。でも俺が塾に行ってたメールを見せたら、もう全然周りは疑
わない。Bの犯罪歴や嘘の早退が効いて周りでもB犯人
説が浮上w。それから疑われる事を恐れたからかBは不登校で。A
の車や家の壁は蛍光塗料まみれで取り替えんの相当金掛かったと
思うよ。特に制服は高いから痛手だね。爽快感ハンパないよ。
いじめは無くなったし。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
755: 名無しさん@おーぷん 2017/01/14(土)04:06:24 ID:2aE
ワイ、実年齢+20ぐらいに見られる老け顔
この老け顔が一度だけ役に立ったことがある

就活が始まるまで三年ぐらい働いていた飲食店で頻繁にクレームを付ける70ぐらいのジジイがいた
・笑顔が足りない
・感謝の気持ちが足りない
・声が低い
等々、クレームの内容も「お前何様だよ…」と突っ込みたくなるクソみたいなものばかりだった
暇なのか知らんがほぼ毎日来店して、ほぼ毎回何かしらのクレームをつけていた
クレームの度に店員が一人ジジイの相手することになるから業務も滞る
そしてジジイがクレームをつけるのは十代~二十代、若く見える三十代の女店員にだけだった
店長も薄々察していたのかジジイの接客には男店員を回していたが、それでもわざわざ女店員を呼び止めて説教するもんだから意味がなかった
おそらくこのジジイが原因で女のバイトの定着率は低かった

ある日、延々とネチネチ言われている後輩を見て流石に気分が悪くなって
「すみません。私、バイトの指導をしている者でして。私の指導不足が原因です。申し訳ございません」
とか適当なこと言ってジジイに頭を下げた
こっちも単なる学生バイトだったが老け顔には自信があったから適当な嘘をついた
「俺こいつに怒ってんだけど」
と言われたが
「いえいえ…私のミスなので…」
と引き下がらずに謝り倒したら
「あーあーもういい」
と追い払われた
いつもネチネチしているジジイとは思えない呆気なさだった
この件を後輩が店長に伝えたことがきっかけで、以降はジジイが女店員にクレームをつけ始めた際には男店員や店長が代わりに出ていって謝ることになった
異論はなかった。男店員が出ていけば一瞬にして大人しくなることが分かったから男サイドの負荷も少ないことだし
そんなこんなで店ぐるみでジジイ対策をしたところ、次第にジジイは大人しくなっていった

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

このページのトップヘ