人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ: 復讐・仕返し

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
698: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)15:11:35 ID:mnM
母親がやったことだけど。
叩かれるかも…というところがあるかもしれません。

ドがつく田舎の小学校に通っていた時に、些細な理由でいじめられてた。
一年生の頃から「チャックの筆入れを使ってるから」など本当にしょうもない事でターゲットにされ
女の子グループで固まって、無視や陰口、たまに上履きの中に画鋲を入れられたりした。
暴力がないだけましだったのかもしれないけど、人数の少ない学校だったからかなりつらかった。
親や先生に相談して、形だけの話し合いの場が持たれたことは何度もあったが、
喉元すぎれば…ですぐに再発。しかも内容がさらに陰湿になる。どうしたって無駄だと悟った。
四年生になった頃、とにかく同じ中学に行きたくなくて、他の市の中学に行くために受験勉強を始めた。
地元から離れた塾に通いだし、勉強で忙しくなると、学校でのいじめがあまり気にならなくなってきて
何をされてもスルーし、男の子と遊ぶようになった。(男子は女子の事には関せずの立場だった)
私が好き勝手するようになると、いじめられたくなくてグループに属してた気の弱い女の子たちが
一人、また一人と徐々に私と男の子のグループに混ざってくるように。
いじめられた事を許したわけではなかったけど、いじめっ子側に回るのは嫌だったので一緒に遊んだ。
気が付けばほとんどの女の子は私や男の子たちと遊ぶようになっており、ボスとその取り巻きたちはポツン。
ボスたちをいじめ返そうと私を煽る子もいたけど、私のやる気がないことを悟ると何も言ってこなくなった。

一方の受験勉強の方は、見返してやる!という意気込みが功を奏したのか、思いのほか学力が伸びて
県内で一、二を争うくらいの国立中学校に合格することができた。(これにはいじめっ子たちに感謝している)
いじめもなくなったし、良い中学に進学できるし、友人もたくさんいるしで、
私の中でいじめの件はもう片が付いたことというか、過去の事という扱いになっていたのだけど
ずっと娘がいじめられている様を見ていることしかできなかった母は、一矢を報いたかったんだと思う。
受験勉強が大変だった私の代わりに、卒業文集に載せる作文を母が代筆してくれたんだけど
その内容が「いじめっ子に屈することなく、いじめられていた私と一緒にいてくれた友人たちに感謝しています」というもの。
事実をかなりドラマチックかつ感動的にアレンジし、さらにいじめっ子を糾弾するようなことは一切書かなかったため、
書いた(と思われている)私や、友人たちは非の打ち所のないとても良い子に見えるという仕様になっていた。
この作文は、同級生のお母さんたちだけでなく、中学で一緒になる他校の生徒の親たちの間でも「感動する作文だ」と話題になったらしく
私ちゃん可哀想→いじめっ子って誰?…という流れに自然となり、中学へ行ってもいじめっ子たちは白眼視されポツンのままだったとか。
一方いじめられっ子だった私は、母のおかげで「いじめ返さない、友人に感謝できる良い子」と株を爆上げ。
父がその地域で開業医をしていたため表立った復讐ができなかったが故の、母の賢い仕返しでした。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
693: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)10:20:44 ID:jgy
今年は私と姑、双方納得の上で義実家参りのないお正月だった。
姑曰く「(私)さんの何が悪いわけではないが、嫁だというだけで気に入らない。
嫁イビリしたくないのに目の前に嫁がいるとどうしても駄目だ。
醜い自分を直視したくないのでなるべく疎遠になりたい」
だそうで、そこまで正直に言われてかえって有難いくらいだった。
舅も同様に嫁イビリする妻何て見たくない&正月はゆっくりしたいらしく、姑に同意。

そんなわけで元日は義実家、我が家ともに夫婦だけでまったり其々の家で過ごした。
二日になって夫が「やっぱり母さんの顔を見てこようよ」と言い出した。
私は来るなと言われているので夫さんだけで行ってよ、と言うも
夫は「夫婦で行かなきゃ意味がない」
「何のために結婚したと思ってるの?」
「君が大人になって歩み寄ればいいんだよ」
それでも私が断り続けると「君にはガッカリだ」「失望した、軽蔑するよ」
と捨て台詞を吐いて義実家へ行ってしまった。
さすがに腹が立ち、以上の会話をまとめて夫が着く時刻までに義実家にFAXしておいた。
電話も断られてるからね、FAXするしかないのよ。

夫は夕方前に帰宅しました。
着いた途端に姑にガチギレされたらしい。
滞在時間わずか1時間、その間ずっと説教されてたそうだ。姑からいま一度
「あなたが悪いわけではないが~」の文面がFAXで届いて
「息子を叱っておきました」
「あなたのことは気に入らないが、落ち度はないと思っている」
「息子の事は愛しているが、あれは落ち度だらけで擁護できない」
みたいなことが書いてあって笑ったw
夫にそのまま見せたら真っ青になって肩を落としていた。

昨日は夫を置いて自分の実家へ帰り、両親と姉夫婦と姪っ子と楽しく過ごした。
結婚して初めてのびのびした良いお正月を迎えられたわ。

【姑に疎遠になりたいと言われ、正月も義実家に行かなかった。そのことで夫が私に失望】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
673: 名無しさん@おーぷん 2016/12/29(木)00:21:19 ID:ziM
大したことじゃないんだけど、この季節になってまた思いだしたので。
長いです。

中学生の時にいじめられてた。地味でどんくさくて成績もパッとしない転校生だったので
虐めやすかったんだと思う
それ自体は今あるような、大けがをしたりお金を取られたりとか大変なものでなく
悪口言われると集団で指さしながらpgrされるとかすれ違う時にぶつかって来るとか、
まあ一つ一つは我慢できないようなものではなかった。
ただ毎日何度もやられると結構きついし、仲良くなりかけた子も巻き添えを恐れて
離れて行ってしまったりしたのもつらかった。
そんな中Aとはいつも一緒にいた。
Aも地味でどんくさくて成績もパッとせず、他に友達がいなかった。
しかしいじめられているわけではなかったので上から目線に「可哀想だから付き合ってあげてるんだよ?」
「私がいなかったら他に友達いないんだよ?」「友達でいてあげてること感謝してよ?」といつも言っていた。
そして「肩凝ったから揉んでよ」「パン買うのついてってあげるから1個奢って」「そのおかず私の好きな奴だしくれるよね?」と搾取され続けた。
まだ中学生でぼっちになる勇気も持てなかったので嫌だったけど一緒にいた。

卒業後はその中学から8割ぐらいが進学する平凡な高校に必死で受験勉強してなんとか滑り込めた。
いじめグループは底辺女子高に行った。
Aは私と同じぐらいの成績だったけど「どうせ入れるわけない」と勉強せず、底辺女子高すら落ちて
名前さえ書けば入れるような高専に入った。

高校ではいじめられることはなかったけど、仲良くなりかけた子に手のひら返されたりAに搾取されてたり
級友にいい思い出がなかったのでぼっちを貫いた。

【いじめられていた私といつも一緒にいた同級生。大人になっても嫌味な態度は変わらなかった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
728: 1/2 2017/01/12(木)16:58:14 ID:aDV
身バレ防止の為、フェイクあります。本当に些細な仕返しですが……。
長くなりそうなので、苦手な方は飛ばしてください。

私が小2の時、若い小柄な女性が担任になった。
すると突然、1年の時は大人しかった図体のでかい男子数人が先生に反抗するようになり、遂に学級崩壊してしまった。
恐らくきっかけは色々あったのだろうが、昔すぎてよく覚えてはいない。
崩壊の内容は、気弱な男子を相撲と称して殴ったり、担任を殴ったり、授業中立ち歩き妨害したり、とか。
そして私は運が悪い事に、その暴れていた男子数人の中でも一番横にも縦もに大柄でリーダー格であった男子とは家がお隣りだった。
そのリーダー格の男子をA男とする。
A男は家が近いのと私がかなり小柄な部類にいた為私に目をつけ始めた。
母が作ってくれたキーホルダーをキモイと言われて壊されたり、帰り道に荷物持ちさせられたり、殴る蹴る、私物を盗られる、家に無理やり連れていかれてひたすらゲームをするA男を眺める、一番酷いものは私に向かってハサミを投げてきたり。
頬を僅かに掠っただけで大事には至らなかったが、結構当時は大問題になった。
まあ、そんなこんなで散々な小学校生活を送ってた訳だが、小5の時リアル修造みたいな担任が赴任してきて暴れている男子らを全員大人しくさせてくれたお陰で何とか平穏な生活に戻った。
が、家は隣なので中学は当然同じ校区。
中学になってもしA男がまた暴れたらきっと今より比じゃない程酷い事になりかねない。
そう考えた私の両親は、県外の中学を受験させてくれ、無事中学校生活はあいつがすっぱり縁が切れた。(隣同士とはいえA男も私もマンション住まいだったのと、生活リズムが完全に違った為会わなくなった)

しかし学校はいくら違ってもお隣さん。
中2の夏、地元の大きなお祭りに小学校時代の親友と遊びに行った時、屋台でくじ引きをやっている店があった。
親友と2人でくじ引きをすると、私はその時売れていたアイドルグループのメンバー全員の顔写真が載ってるノートが当たった。
正直テレビをあまり見ない私はよく知らなかったのでファンだった中学の友人に後であげようと、そのままお祭りを回ろうとしたら後ろから名前を呼ばれ振り返ると、そこにはA男の姿が。

↓続きます

【小2のクラスを崩壊させた男子。中学生になっても態度の変わらない男子に強い口調で言い返した】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
726: 名無しさん@おーぷん 2017/01/11(水)20:47:24 ID:uXd
小学生の時、机の中に虫が入っていたことがあった。千切れたカマキリだった。
幼稚園の頃に兄が大量のトンボ捕まえてきて家で放して、猫二匹が大興奮するわ混乱した母が殺虫剤を撒き散らすわでトンボの死骸が居間に散乱して大騒動になったことがあるので別になんとも思わなかった。
目撃者が何人もいたから犯人は一発で絞れた。いつも不機嫌そうな顔の男子だった
女子に引っ張られて渋々私の前に連れてこられても、いつもみたいに下品な表情のまま「ブス」「死ね」としか言わなかった
一応女の子が担任に言い付けてくれたけど、当時の担任がメチャクチャ事なかれ主義で(さっさと片付けたい…)みたいな雰囲気が漂ってたし、親に言うのも面倒臭かったから大した騒ぎにはならなかった
「喧嘩両成敗!」って担任が私も男子も叱る形で終わった

その後、この男子は女子からは避けられたけど一部の男子からは英雄扱いされてた
だけどこの男子を褒め称えてた連中の大半は中学生になって(田舎だったからほとんどの児童は同じ中学に進学した)学校に来なくなったり本格的に荒れたりして、結局この男子は孤立した
私はそれまでは単独行動が多かったけど、この男子から身を守るために意識して女子と行動するようになって結果的に友達が増えた
何人かの友人とは今も遊んだりしてる。西日本の地方出身で上京先が神戸や大阪に集中したから会いやすいしね
中学になってからも容姿を馬鹿にされることはあったけど、無視してたら自然と構ってこなくなった

この前、友人がこの男子のTwitterのアカウントを教えてくれた
メアドで検索して見付けたんだって。
呟きの内容はソシャゲのことばっかりだったけど、遡ったら確かに地域や子供時代の思い出が合致していた
念のため友人→別の男子を経由して本人に確認取ったら本当にこの男子のアカウントだった
ちょっと悪戯心が芽生えて
「三次の女とか金の無駄。関わりたくもない」
みたいなツイートに
「○(本名)くん、小学生の時私の机にカマキリ突っ込んできたのに?」
って捨て垢から送ってみたw
次の日見てみたらアカウントは消えていた
なんだかんだ言って私も昔のことがショックだったのかな。すっきりした。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
769: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)12:00:01 ID:D1V
去年のお盆の話。私がやり返したわけじゃないけど。
帰省中、本家のお墓と仏壇がある伯父の家に行ったら、そこんちの息子(同じく帰省中。学生)が何かこじらせていた。
私の車に同乗して行った従姉がちょっと珍しい職種なので、伯父伯母私はつい従姉に色々質問してしまった。
伯父「ここだけの話、足の引っ張り合いなんかもあるんだろ?」
従姉「まあね~未だに男社会がはびこってる業界だからどうしてもね…」
という会話に伯父息子(以下従弟)がいきなり噛み付いて
・男は足の引っ張り合いなんてしない
・その業界は皆忙しいからそんな暇はない筈
・でっちあげはやめろ、女の嘘は醜い
・そんなに男を陥れたいのか
・これは日本の男の格を下げる陰謀であり、草の根運動からナンチャラカンチャラ

【国会中継を見せ、従弟の男尊女卑発言を止めた伯父と伯母】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
756: 名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月)17:55:39 ID:5yk
部活で仲良い友人が別れた恋人に粘着されているらしく「別れたくない」と電話してくるらしい。
友人が精神的に疲弊してきていたので部活仲間で対策を講じた。
話し合った結果がなぜか「アルプス一万尺」を歌うことになった。
深夜だからどこかおかしくなってたんだろうな…

で、実際にやってみた
pppppp
友人「もしもし…」
元彼「あぁ!やっとでてくれた!俺はお前と絶対にわかれn…」
電話かわる
私 「あーるーぷーすーいちまんじゃーく こやりのうーえーで」
元彼「えっ!ちょっ!お…」
私 「あるぺんおどりをおどりましょーヘイッ!」
元彼「ちょ!ふざけ…」
私 「らーんららららららららーららららら」
ここらへんで電話切られる
んでまた電話来る
元彼「あ、もしもし今さ…」
別の友人「きーのうみたゆめ でっかいちいさいゆめだよ」
元彼「はっ!?おいふざけんな!」
別の友人「のーみがリュックしょって 富士登山ー」

こんなことを複数人でローテーションしながらやったらその日は13番で電話来なくなった

その後何度かやってぶちぎれた元彼に対してこちらもぶちぎれて朝まで説教したら無事別れられたとのこと。

【元彼から粘着されている友人。私と部活仲間が電話越しに歌を歌い、元彼を撃退】の続きを読む

このページのトップヘ