人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ: 毒親・虐待

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
145: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)23:25:41 ID:nEF
ちくしょー。毒親から逃げ切ったと思ったのに、やっちゃいました。
交通事故にあって意識不明。
私の荷物の免許証などから親に連絡が行く。

私が目が覚めたときには無残に荒らされた家とごっそり減っている預金通帳の中身。
一回だけ見舞いに来たらしいけど意識不明で覚えてない。
金目の物はほとんどなかった。
今更金返せっていってもどうせ全部使ってんだろうなあ。
こんな事なら通帳と印鑑家になんておかずに全部株券にしときゃよかった。

【交通事故で意識不明になっている間に、ギャンブル中毒の毒親が私の口座から大金を引き出した】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
912: 名無しさん@おーぷん 2015/09/30(水)18:07:31 ID:???
俺はよく父親に折檻されてた
水責めがお好きだったようで、風呂場は奴のお気に入り
もちろん俺にとっては地獄と同義の場所だった

風呂で何度も溺れさせられたり、冬は冷水、夏は熱水かけられたり
稼働中の洗濯機(風呂場にあった)に頭から突っ込まれたこともあった
(古いからか壊れてたのかフタ空けても止まってくれなかった)

なんでそんなことされてたのか?
俺が「言うことを聞かないから」だそうだ
でも、黙ってろと言われて黙ってると何か言えと引っ叩かれ、
何か言うとうるさい黙れと蹴られ、
挙句風呂場まで引きずっていかれて折檻折檻
母親も姉貴もだまーって見ぬふり

もちろん何度も逃げた
ある時匿ってくれた人がいて、それから成人まで逃げ切った
実はその匿ってくれた人が手を回して縁切りしてくれたらしい
詳しいことを聞く前に亡くなってしまったが、
父親と思ってた奴は実の父親じゃなかったんだそうだ
姉貴が産まれた後、一度奴と離婚した母親が別の男性と結婚して俺が産まれ、
そのすぐ後また奴とヨリを戻したんだと
奴と姉貴はなんとなく距離があった感じで、
姉貴は奴と血が繋がってないんじゃないか?
と羨ましく思ってたら、全然違ってたwww
(そうそう、匿ってくれた人は「罪滅ぼし」と言ってた、何の事かは分からん)

【俺を折檻していた父親は、本当の父親ではなかった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
201: 名無しさん@おーぷん 2015/12/12(土)07:01:08 ID:Fzz
ある時期まで母は私だけ可愛がって姉に異様に厳しくしてた
小さい時は暴力。大きくなったら過干渉
「お前は足が太いから頑丈。学費ぐらい自分で稼げ」っていうわけわかんない理由で姉だけ学費を出さないって宣言されてた
姉の私物が没収されるのはしょっちゅう。特に携帯が多かった
昔から貰い泣き貰いゲロと周囲の人に釣られやすいタイプだったから姉の辛そうな顔を見ると自分まで辛くなった
どうしたもんかと考えた結果、次に没収される時は携帯のブラウザで毒親関連のサイトを開いておいたらどう?って提案した

ある日を境に母はやたら大人しくなった
姉に干渉するのも姉を怒鳴るのもなくなった

最近になって母がポツリと漏らしたんだけど、どうも祖父母もあんまり良い人じゃなかったらしい
貧乏で子供全員を大事にする余裕がなくて跡継ぎの伯父さんだけ可愛がられた~って
姉が携帯で調べてた毒親関連の情報(実際は私が姉に指示したんだけど)を見て自分を見つめ直して、長子が憎くて姉を冷遇してたことに気付いた~って言ってた
結果的にめでたしめでたしなのかな…?

【姉に精神的虐待をしていた毒母が、ある日を境に大人しくなった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
221: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 11:38:24.42 ID:tRds3/vr.net
あなたのおかげでお父さんとお母さんは結ばれたのよ
~子どもは天使よ~と母から言われて育った。
ピンクのフリフリ着せられて、可愛いね~って満足そうだったので、好きじゃないっていうのは我慢してた。
しっかり者で偉いわ~って言われてた。
色んな場所に連れて行ってもらってた。
私は幸せな子どもなんだと思ってた。

反面、小学校入学頃から父の浮気を愚痴られるようになり
うちの母親は変だよなあと思いながら慰めてた。

小学校高学年になって
両親は職場での不倫→私生児回避したい母の策略で父離婚→母と再婚して私出産
という正しい経緯を知った時が修羅場。

既婚者を離婚させてすぐに挙式なんてすりゃ、父の兄弟から疎まれて当然。
社宅だからご近所さんみんな経緯知ってて村八分なのも当然。
私があちこち連れて行ってもらったのは、母の不倫旅行だった。
遊んでもらってた色んなおじさんは、母の不倫相手だった。
(幸い、みんな普通に子ども好きな人だったけど)
父は浮気ではなく、仕事の接待でキャバ行ってただけだった。

離婚時に不倫相手が「○○さんを自由にしてやってくれ」と乗り込んできて
追い詰められた父が不倫相手を刺してしまい、刑務所でお世話になったのも修羅場。

今は母は一人で寂しく過ごしており
父は犯罪を犯したため会社をクビになったが、人望はあったので小さな会社を立ち上げ
私はその後も色々あって人間不信・結婚不信に陥ったけど、なんとか結婚できた。
まだカウンセリングなんてなかった頃の話なので、
今みたいな時代だったら就職前に母の洗脳が解けて、進学できていたのかもしれない。
配偶者にも子どもにも、自分が嫌だったことは絶対にしないと誓った結果、今は穏やかに家族と過ごす日々。

【自分は親から愛される子供だと思っていたが、出生の経緯を知り修羅場】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
18: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:55:16.81 ID:lj5NxceA.net
私を男女どっちとして育てたいのかブレブレだった母親を恨んでいる。
12歳位までは体の線が出ないだぼっとした服や男物ばかり着せられて対外的にも「旦那に似て男らしいけど娘で~っす!」。
その癖12歳過ぎたあたりから急に服装や行動を女らしくしろと五月蠅く言うようになり、特に母基準で女らしくないことをすると
「もう胸も出始めて(※今に至るまで「なくはないです」程度だが)女らしい体つきになって来てるんだからやんちゃは卒業しなさい」。
そら、今まで男扱いで育ったのに急に女に戻れと言われて戻れるわけがない。
いや、戻るという表現自体が不正確だし私の「女らしさ」の手本はことごとくテレビや雑誌のせいか友人や仕事仲間にはしょっちゅう
「いや、普通の女性はそんなことしないよ」とつっこまれてばっかり。
母は何を思って私を性別迷子に育てたんだろう。

【小さい頃は男扱いしていたのに、12歳を過ぎたら急に女らしくしろと言い始めた母親】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
820: 可愛い奥様 2012/02/22(水) 00:29:54.91 ID:Q9dMPJ1h0
書き捨て

人を殺した
どうしようもなくて殺したんだけど誰にもいったことないし時効だし
あいつらを殺して本当に良かったと思ってる
警察は事故って判断した
あいつらを殺して私は幸せになれた

822: 可愛い奥様 2012/02/22(水) 01:41:21.61 ID:m2jtvsRa0
車に細工した
飲み物に睡眠薬を混ぜた

どっち?

823: 可愛い奥様 2012/02/22(水) 08:36:14.11 ID:LemrnoVE0
>>820
突き落とした?

824: 可愛い奥様 2012/02/22(水) 08:55:58.00 ID:spX0Jc3X0
必死に聞きたがるあんたらも怖い

【私の裸の写真で金を稼ぎ、覚せい剤をやっていた両親を殺した】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
76: 名無しさん@おーぷん 2014/07/28(月)08:27:26 ID:1D9M68xb5
私の人生最大の修羅場は、小児がんで死んだと毒親に言われていた15年上の兄が生きていて、毒親に虐待されていた自分を引き取ってくれたこと。

77: 名無しさん@おーぷん 2014/07/28(月)08:45:11 ID:tKCl9Qwqk
なにその少年ジャンプの10話打ちきりマンガみたいな展開。kwsk。

80: 名無しさん@おーぷん 2014/07/28(月)10:09:19 ID:1D9M68xb5
76です。kwskされたから書いちゃお

~登場人物~
私 …当時12歳。チビでガリガリだった。
毒親…家庭板の膿家脳やらなんやらを濃縮したようなクズ夫婦。趣味は私をサンドバッグにすること。
兄(A)…当時27歳。見た目DQNな会社員。

物心ついた頃からテンプレのような虐待を何回りも受けていた私。
服はいつも二着着回しだったし、風呂には週に二日しか入れてもらえなかったから、いつも臭ってたしべたべたしてた。だからバイキンって苛められたのも当たり前だった。
でも先生達は優しかったし、中には毒親に話してくれた先生もいた。ま、毒親がそれを聞いてくれたことなんか無かったけど。

毎日学校ではテンプレなイジメにあい、帰れば専業の毒ババァに平手打ちされ腹を蹴られ、毒ジジィが帰ってきたら2人して私にチクチク嫌味をいいながら殴りかかってきた。そんな生活が10歳まで続いた。

10歳になった頃、斜向かいの家に若夫婦が引っ越してきた。
イケメンのAさんに美人な奥さん、可愛い赤ちゃんという、なんか当時の私にとっては雲上人のような存在だった。
Aさんは見た目DQNだったけど礼儀正しくて、(でも言葉もDQNぽかった)よく近所の人達と話していた。

でも、毒親はAさんには絶対に近寄らなかった。引っ越し初日、家に来たAさんを見て思いっきり顔を引きつらせてたし。というか毒ババァは家から出なくなった。いつも何かに怯えて、買い物も私に押し付けてきた。

一旦切ります。

【小児がんで死んだと聞かされていた兄は生きていた。毒親に虐待されていた私は兄夫婦に引き取られた】の続きを読む

このページのトップヘ