人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ:学校 > いじめ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
49: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 10:01:00.78 ID:meKh7B/o
同じ地区のひとつ上の子が自サツした
いじめられて悩んで…とのことらしいけど
この人、私のことを保育園から中学くらいまでずっといじめていた
悪口陰口はもちろん、毎日太ももをつねられたり叩かれたり物を盗られたり、いろいろされた
おかげで毎日太ももに痣があったし、学校にも行きたくなかった

だから葬式に行きたくない
ざまぁとは思わないけれど、かと言って気の毒に…とも思えない
それなのに葬式に行け、せめて線香でもあげに行けと言ってくる人がいてモヤモヤする

【子供の頃に私をいじめていた人が自殺。葬式に行きたくないのに、周りの人に行けと言われる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
247: 名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土)06:37:48 ID:VFx

兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった

【転勤先で知り合った先輩は10代の頃、私の兄から酷いいじめを受けていた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
906: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)10:19:42 ID:YOJ
もう三年近く前に従姉妹がいじめられてた
アニメや漫画が好きな内気な子だったから昔から友達は少なかったけどまさか身近でいじめが起きてるなんて思わなかった
「なんだか表情が暗い気がした」真っ先に従姉妹の異変に気付いたらしい伯母が従姉妹から話を聞き出したことで発覚
伯母は従姉妹と同じ学校に通う私に事情を掻い摘んで説明して
「無理はしないでほしいけど学校で出来る限りあの子をガードしてほしい。それでもダメそうなら親として動く」
こんな依頼をしてきた
三年生で学校に後腐れなかったから堂々と動けたよ
同じ部活の後輩に「(被害が特に多い)給食の時間だけでもいいから従姉妹の様子見てくれない?」依頼したり
二年生の教室の前を事前に打ち合わせしておいた友達と並んで歩きながら「この年でいじめとかダサいよねー!!www」大声で話したり
友達と一緒に従姉妹を囲む形で登下校を共にしたり
「この前二年生の男子にナンパされて怖かったですぅ~」「あの学年なんかガラ悪くないですか?」先生との会話で二年生=問題児みたいな認識を植え付けたり
こうして地道に活動すること約二週間。従姉妹がいじめられることはなくなった
ただ正確に言うと標的が別の女の子に移っただけなのでなんとも…

この騒動で個人的に一番ムカついたのは兄
私に喧嘩を吹っ掛けては無視されると「はい論破www」「議論を放棄して逃げるな」とか言ってくる痛々しい兄(現在なんとびっくり三浪中)
生活音はうるさいわ電子レンジと冷暖房使いまくって光熱費上げまくるわ迷惑極まりないこの兄は、なぜか加害者が男の子だってこと認めたがらなかった
「男はいじめをしない。昔から陰湿なことは女がするものだった」
これが兄の意見だった
兄の味方なんか母しかいないから誰も兄の意見なんか聞かなかったけど、男が加害者で女が被害者だったことまで「女々しい」とか言われて責任を女に押し付けられるのは正直不愉快だった
挙句の果てに「従姉妹が嘘をついてる」こんな主張して従姉妹に訂正を求めようとしたから今までの仕返しも兼ねて
兄が壁を殴る→「うわ乱暴~!男や~!」
兄が「怒るなよ鉄臭いw」「女の腐ったような」とか言う→「陰湿で嫉妬深いのは男も同じなのに女のものにしたがる~!この捻くれたプライド!まさに男!」
みたいに囃し立てまくった。もう兄が私に対して口を開けば無条件で囃し立てるぐらいの勢いで囃し立てまくった
当時仲良かった男子が軒並みのほほんとした連中ばっかりだったから男=乱暴みたいな認識は本当はなかったけど、とにかく心を無にして兄を囃し立てまくった
これが効果あったのかな。とりあえず兄の標的も母に移った

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
2: 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2017/02/10(金) 12:02:59.85 ID:4JKRiEGb
1乙

先日、娘が上級生ともめたって連絡が学校から来た
上級生が娘の友達をトイレに閉じ込め→お前の身代わりになるやつを指名しろ→
娘が上級生の仲間に呼ばれてトイレに行くと閉じ込められ、上から水をかけると脅される
お前も誰か身代わり出すなら解放してやると言われたけど娘は、かけたいならかければ!と断固拒否
そうこうしてるうちに先生が呼ばれて救出
上級生は親も子も謝罪して、今は別にお互いなんともないんだけど、
最初に閉じ込められて娘を身代わりにした子にモヤモヤする
今までかなりお付き合いしてきたし、娘は親友とまで言ってたのに
娘はその子からごめんね、もないの気にしてないみたいでケロッとしてるけど、普通一言くらい謝らないんだろうか?
一番悪いのは上級生とはわかっていても普通に遊びに来られるとモヤモヤ
その子も誰かの身代わりで、とかではなく元々気の弱い性格でたまたまトイレにいたからだったし、
その子の母親は上級生酷いよね~!○ちゃんにもきちんといいきかせとく!みたいな感じだった
先生との話し合いでは被害者はうちの娘と、その子の二人ってかんじで進んでった
せめて友達として娘にごめん、の一言が欲しかったし、今後また裏切るんじゃないかな~と心配になる
でも娘はもう過ぎたこと(先週のこと)って気にしてないから私だけがグチグチ言ってる状態

【娘の友達が上級生にトイレに閉じ込められた。上級生の命令で、友達は身代わりとして娘を指名】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
781: ■忍法帖【Lv=0,作成中..】 2017/01/27(金)22:45:10 ID:RTw
俺が中学の頃。
「いじられキャラ」「Mキャラ」と称されていじめを受けていた。
AとBの二人に。Aとは小学校から仲良くて親友といってもよかった。
でも、簡単に裏切った。Bは家が近所だから、一緒になっていた。
最初は仲良くした。いじりも社交辞令みたいなもんだろうと思って
スルーしてた。でもだんだんエスカレートして行った。
いじりは基本容姿の事。思春期だったもんで相当辛かった。
俺の性格上、基本的に悪口言われてもサラッと流すタイプだった。

ある日、教科書と筆箱盗られて、第三者の関係ない同級生のせいに
しやがった。もうそれに限界がきた。それまで考えたことなかった
「復讐」の二文字が頭に浮かんだ。そこから、気づかれないよう
に細心の注意を払って計画を進めた。
ある日、Bが学校を早退した。そんな時は隠れて学校の近くでずっと
ゲームしていることは有名な話。カメラでその様子を撮影しておいた。
俺は厳しい塾に一人電車で通っていた。その日俺は集中して塾を
一時間くらい早めに出ることに成功。塾にはちゃんと入退塾したか
わかるメール機能がある。それを利用した。入塾した時にはちゃんと
メールを送る。でも退塾の時はワザと送らなかった。
Aが部活の時、自分も部活のフリして学校に侵入。あらかじめ
調査しておいたAのロッカーの鍵を開ける。教科書から制服ま
で全部奪い取って近くの池に重りをつけて捨てた。ロッカーには
Bの生徒手帳とシャーペンも入れておいた。そしてBの万引き歴
などの犯罪の瞬間を収めたベストショットを学校に送った。
家に帰る途中に変装してAの家に中々取れない蛍光塗料ぶちまけ
ておいた。Bのサボり映像も送った。もう一回塾に行って帰るメール
を送って帰った。
次の日は大騒ぎでAの両親が訴えてきた。勿論Bと俺の
二人が疑われた。周りも完全に俺が日頃の仕返しでやったんだろう、
と。でも俺が塾に行ってたメールを見せたら、もう全然周りは疑
わない。Bの犯罪歴や嘘の早退が効いて周りでもB犯人
説が浮上w。それから疑われる事を恐れたからかBは不登校で。A
の車や家の壁は蛍光塗料まみれで取り替えんの相当金掛かったと
思うよ。特に制服は高いから痛手だね。爽快感ハンパないよ。
いじめは無くなったし。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
657: 可愛い奥様@無断転載は禁止 2016/07/27(水) 19:05:47.18 ID:5Kf18bTkO
小学生の頃に私をガチで殴っていたイジメっ子の父親が行方不明になり
私たちが中学に上がってからも見つからなかった
当時は事故事件のわりとショッキングな写真が週刊誌に平気で載っていたので
そうした写真を便箋にいくつか貼り付けて「お前の父親の末路」と書いて
早朝4時頃に起き出してこっそりそいつの家のポストに投函しておいた
結果、そいつは何も変わらず
今は普通にチンピラの溜まり場みたいなバーやってる
ただそいつの妹が「心ないイタズラの手紙」のせいで中1からまともに登校していない
小学生の頃から男(兄とその仲間)にベタベタまとわりついて
愛人気取りで偉そうににしているようなクソメスガキだったからザマァとしか思っていないけど
ちなみにヤツの父親は今も行方不明
堅気だったけど融資絡みでヤバイ筋と関わってしまったらしく、たぶんもう埋められてる
残された母親はたいへんだと思う

660: 可愛い奥様@無断転載は禁止 2016/07/27(水) 22:36:51.97 ID:cjQNBbvF0
>>657みたいにいじめられた仕返しを出来た人が羨ましい。
自分は私立で相手達と家が凄く離れてたからそんな荒技出来なかった。
それにしてもその筋と関わると本当にロクでもないね。

引用元: ・奥様が墓場まで持っていく黒い過去 44 [無断転載禁止]©2ch.net

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
698: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)15:11:35 ID:mnM
母親がやったことだけど。
叩かれるかも…というところがあるかもしれません。

ドがつく田舎の小学校に通っていた時に、些細な理由でいじめられてた。
一年生の頃から「チャックの筆入れを使ってるから」など本当にしょうもない事でターゲットにされ
女の子グループで固まって、無視や陰口、たまに上履きの中に画鋲を入れられたりした。
暴力がないだけましだったのかもしれないけど、人数の少ない学校だったからかなりつらかった。
親や先生に相談して、形だけの話し合いの場が持たれたことは何度もあったが、
喉元すぎれば…ですぐに再発。しかも内容がさらに陰湿になる。どうしたって無駄だと悟った。
四年生になった頃、とにかく同じ中学に行きたくなくて、他の市の中学に行くために受験勉強を始めた。
地元から離れた塾に通いだし、勉強で忙しくなると、学校でのいじめがあまり気にならなくなってきて
何をされてもスルーし、男の子と遊ぶようになった。(男子は女子の事には関せずの立場だった)
私が好き勝手するようになると、いじめられたくなくてグループに属してた気の弱い女の子たちが
一人、また一人と徐々に私と男の子のグループに混ざってくるように。
いじめられた事を許したわけではなかったけど、いじめっ子側に回るのは嫌だったので一緒に遊んだ。
気が付けばほとんどの女の子は私や男の子たちと遊ぶようになっており、ボスとその取り巻きたちはポツン。
ボスたちをいじめ返そうと私を煽る子もいたけど、私のやる気がないことを悟ると何も言ってこなくなった。

一方の受験勉強の方は、見返してやる!という意気込みが功を奏したのか、思いのほか学力が伸びて
県内で一、二を争うくらいの国立中学校に合格することができた。(これにはいじめっ子たちに感謝している)
いじめもなくなったし、良い中学に進学できるし、友人もたくさんいるしで、
私の中でいじめの件はもう片が付いたことというか、過去の事という扱いになっていたのだけど
ずっと娘がいじめられている様を見ていることしかできなかった母は、一矢を報いたかったんだと思う。
受験勉強が大変だった私の代わりに、卒業文集に載せる作文を母が代筆してくれたんだけど
その内容が「いじめっ子に屈することなく、いじめられていた私と一緒にいてくれた友人たちに感謝しています」というもの。
事実をかなりドラマチックかつ感動的にアレンジし、さらにいじめっ子を糾弾するようなことは一切書かなかったため、
書いた(と思われている)私や、友人たちは非の打ち所のないとても良い子に見えるという仕様になっていた。
この作文は、同級生のお母さんたちだけでなく、中学で一緒になる他校の生徒の親たちの間でも「感動する作文だ」と話題になったらしく
私ちゃん可哀想→いじめっ子って誰?…という流れに自然となり、中学へ行ってもいじめっ子たちは白眼視されポツンのままだったとか。
一方いじめられっ子だった私は、母のおかげで「いじめ返さない、友人に感謝できる良い子」と株を爆上げ。
父がその地域で開業医をしていたため表立った復讐ができなかったが故の、母の賢い仕返しでした。

引用元: ・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

このページのトップヘ