人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ:家族・親戚 > 父母・祖父母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
111: 名無しさん@おーぷん 2015/04/05(日)14:22:13 ID:vwr
私の母は 心がけが悪いというか、それって普通やらないでしょうという非常識なことをしたり、下品な噂話をしたりする

人の日記を盗み見するとか、家族の手紙(私信)を勝手に間違えた振りをして開封して読むとか。
近所で子供の性的虐待の事件があったりしたときに、性的な部分について面白おかしく話題にするとか。
子供の虐待事件があったときに、興味がないなら無視をきめこむのはいい。必ず同情しろというつもりはない。
でも「○○さんって娘さんと関係したんですって、きゃーいやらしい」みたいな事をいうのは無いと思う。
その場で注意したが何が悪いのかわかっていない。

同居している家族は不愉快なので私と姉は早くから家を出て自立している。
兄も一人いるのだが、兄は実家の比較的近くに嫁さんと住んでいた。

で、あるとき私の母は遊びに行ったついでに兄の家にあった兄嫁宛の手紙をやっぱり「兄のかと思って間違えちゃった」って
開封して中身をみたらしい。その中身が兄嫁の資産に関するものだったので兄嫁が静かに怒り、それがきっかけという
わけではないが、いろいろあって兄は離婚する羽目になった。
例えば○○信託銀行 から来た資産状況の通知みたいなものをおそらく下種な好奇心で開封したらしい。

兄によれば、兄嫁から母とは付き合いたくないし、親戚でいるのも無理だと言われたのだとか。
兄嫁という人は結婚式であっただけでしか知らないのだが、私の母のようなことをする人と親戚でいたくない
という気持ちはわかる。他にもいろいろあったらしい。

そんなこんなで母には親しい友人もいないし、、近所の人からも
あまり相手にされていない。一見普通のおばちゃんなのだが、ふとしたときに、そういうことは普通言わないでしょう
みたいな事をいうのでだんだんとFOされるような感じ。

【非常識なことや下品な噂話を平気でする母が、次々と不幸に見舞われている】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
618: 名無しさん@おーぷん 2016/02/09(火)18:43:51 ID:hBN
母親がスナックのママだったこと
母は私が赤ん坊に父と離婚したので、その後は私と祖父母と母で暮らしていた
私が物心つく頃には母は『食堂』で働いていると説明していた
夕方にバスで家を出て、深夜私が眠ったあとタクシーで帰宅する、そんな生活だった
でも寂しくはなかった
夜は祖父母と時代劇を見て祖母と一緒に寝て、
朝には母が私より早く起きて洋風の豪華な朝ごはんを作ってくれて皆で食卓を囲んだ
たいていは夕食も母が作り置きしてくれたおかずが並んで
ルーを使わずに作るビーフシチューとポテトサラダが特に美味しかった
食堂勤めだから料理もうまいのかなって思ってた
母が毎日使うタクシーも高くない乗り物だと勘違いしてた
今考えると毎晩4~5000円分は乗ってたはずだから結構な額なのに
小学校高学年になると母は『実は食堂ではなく居酒屋の厨房で働いてる』と説明した
煙草やお酒の匂いがわかるようになった私に不審がられないようそう言ったのだと思う
中学から私立の女子校に通った
ママって結構お金持ち??と冗談ぽく聞くとお婆ちゃんたちの年金だよと母は答えた
大学は学外進学して一人暮らしをはじめた
家賃と生活費を仕送りしてくれて、バイトは必要なかった
その頃、家も新築した
私ももう子どもじゃないので、この金銭的余裕はなんだ?と思い始めた
実は父が養育費を払ってくれているとか?と考え
母の心情を思って、母から話すまで聞かないでおこうと決めた
就職は地元にした
同期の皆で飲み会をしようということになり
私はケータイで「居酒屋 料理 美味しい ○○駅」と検索した
まだグルメ情報サイトみたいなのに網羅性が無い時代で
引っかかったのは個人のブログだった
「おふくろの味が染みる下町のスナック ママのトークとポテトサラダが絶品!」みたいな文が目にとまり
同期との飲み会で行く店では無いけれど、何故か興味をひかれてそのページを開いた
うちの母のポテトサラダは独特の材料なのだけど、そのブログで紹介されているものと全く同じだった
そして、そのスナックのママが"ショートカットの親しみやすい美人ママ!"と紹介されていたことも気になった
うちの母はショートカットで化粧っ気がないけれど、よく美人だと褒められるからだ
それだけだけど、もう確信した これうちのママのことだ!と

【母は食堂で働いていると聞かされてきたが、実はスナックのママだった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
534: 名無しさん@おーぷん 2015/01/18(日)11:07:41 ID:fEf
今も一緒に住んでて同じ寝室で寝ていて、今現在居間で二人でおやつ食べてる両親がもはや夫婦じゃなかったこと。
しかも今までも何度も離婚したりまた結婚したりを繰り返していたこと。
姉が結婚する時戸籍を見て知ったそうで、母を問い詰めたらあっさり白状したらしい。
姉に教えてもらわなかったら私も結婚するまで知らずじまいだったろう。
うちは父が金づかいに問題ある人で、そのたび「離婚離婚!」と騒いでたのは知ってたが
その都度沈静化してたので、夫婦げんかがおさまったんだろーぐらいにしか思ってなかった。
実はそのたび離婚して、ほとぼりさめたらまた籍を入れてたらしい。
ほんと紙切れ一枚なんだな、びっくりだよ…。
一度目の離婚は父が内緒で借金こさえて、居間のテレビを売ったか質に入れた?かした時。
離婚したけどその日も父は家に戻ってきてごはん食べてたらしい。
母もなぜ何も言わないのか。
(ちなみに土地家屋は母方祖父母から相続したもので母名義)
その後も父の浮気やら借金やらで何度か離婚、再婚して
姉の結納金を使い込もうとした時(未遂)また離婚して、今は離婚しっぱなし状態らしい。
なんか今すごく両親がキモイっていうかモヤモヤする。
夫婦じゃなくなっても父は私の父に変わりないはずなんだけど
え、なんでこの人ここにいるんだろうと思ってしまう。
母は家もあるし経済力もあるし、あんなギャーギャーけんかばっかしてるなら離婚すりゃいいのに
と何度も思ってきたが、まさかほんとに離婚してたとは。
姉は先月嫁いだし、私はもうすぐ就職して家を出る。
私が家を出ても両親は一緒に住み続けるのかなー。
私が口出しすることじゃないんだろうけど、父も母もなんか不気味だ…。
母のために一人暮らししてもちょくちょく顔出そうと思ってたけど
なんか疎遠になりたい気持ちが湧きつつある。
こんなの友達にも誰にも言えないからネットで愚痴。

【同じ家で一緒に暮らしながら離婚と再婚を繰り返していた両親】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
822: 名無しさん@おーぷん 2015/07/05(日)04:42:16 ID:???
眠れないので俺の切なくいたたまれなかった修羅場をひっそりと。
先に俺の名前を仮に「田中太郎」とでもしておく。セリフの細かい部分は補完済みってことで。

俺が都会で就職し一人暮らししていたとき、父親から「離婚した」と連絡があった。
詳細は知らんが母親の浮気とのこと。嫌だとごねる年齢でもないし、親権も養育費も関係ないし、
ただ戸籍から母親が抜けただけのこと。ただ「いい歳して何やってんだか」とは思った。
それ以来たまの帰省は父親家、母親家に交互にすることになる。
更に月日が流れたある日母親から「じいちゃんがボケた」と連絡があった。
慌てて帰郷しようとする俺を母親は押しとどめた。すぐ死ぬわけではないんだから急いでくる必要は無い。
ただ次の連休はこちらに来て欲しいと。で、次の盆休み俺は母親と同居しているじいちゃん家に行った。
玄関でばあちゃんと母親との挨拶もそこそこにじいちゃんの部屋に向かい扉を開ける。
「おう、田中君か。よく来てくれたな。まぁそこに座れや」
俺はじいちゃんから「タロ坊」後に「太郎」と呼ばれていた。恐らくじいちゃんの言った「田中君」は
俺の父親、つまりじいちゃんの娘の旦那のことであろう。記憶が40年程巻き戻ってるようす。
実際俺は父親によく似ている。歳を追うごとに増々似てきているようだ。区別出来なくても無理は無い。
余談だが、じいちゃんと父親は同じ会社で働いていた。母親はじいちゃんの縁故採用の腰掛けOLだった。
両親は会社で出会って結婚した。じいちゃんがどう関わっていたのかは不明、昭和30年代の話だ。
話を戻す。おれはじいちゃんに「あなたは俺のじいちゃんだよ。俺は婿ではないよ。その子供だよ」と
説明するも聞き流され、あくまで「田中君」として話しかけられるので諦めて娘の旦那として相手する。
「最近仕事の方はどうだ?」→「ぼちぼちやってます(何やってたかすらしらねー)」
「◯○さん(上司か?)は最近何やってるのかね」→「さあちょっとわかりませんね(誰だよそれ)」
仕事話は楽しいようだが、仕事方面の話題では会話にならないのでなんとか話題を変えようと誘導する。
「最近体調はどうですか?」「最近楽しい事何かやってますか?」「庭の梅は今年もきれいに咲きましたか?」
等等。家庭方面の話題に誘導成功。がしかし、さらに思いもよらぬ方向へ話が展開する。
「俺の娘はいい女だと思わんか。行儀作法から家事まで厳しくしつけてある。妻として母親として
立派に田中君の伴侶として田中家を支えて行けるだろう。だから田中君も娘を大切にしてやってくれ。
浮気や博打で娘を泣かすようなことのないようにな。よろしくたのむよ」と俺の手を取って頼まれた。
「いやいや、あなたの娘は30年後浮気して離婚されるんですよ」なんて言える訳も無くただ曖昧に頷くのみ。
ばあちゃんと母親は目を泳がせっぱなし。このままでは母親と手をとりあって誓いのキスとか
させられそうな雰囲気だったがばあちゃんからのレフェリーストップで面会終了、部屋を出る。
居間で3人でお茶を頂くがおも~い雰囲気で会話も無い。一泊する予定だったがなんかいたたまれないので
トンボ帰りする事にする。帰るとき「おじいちゃん、体に気をつけて、元気でな。また来るから」と挨拶した。
通じたかどうかはわからない。その後寝たきりになり一度見舞いに行ったが、折り悪く何かで集中治療室に
入ったとかで面会叶わず、その後会えないままじいちゃんは逝った。母親の離婚騒ぎの時はボケてなかった
はずなのでそれなりに修羅場の記憶はあったはずだが、どこまで記憶が退行したかはわからないものの、
そんな事忘れて穏やかな未来を信じていた頃に戻って穏やかに逝けたのはよかったなと思う。
でも、俺の「孫」としての思い出がすっぱり無くなっていたかと思うとやっぱりちょっと寂しい。

書いてたらどこが修羅場じゃ、みたいになってしまったが、せっかく書いたので投下する。
母親の結婚相手にさせられたのが修羅場ってことでひとつご勘弁を。

【認知症になった母方の祖父の記憶は、40年前まで逆戻りしていた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
809: 名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月)22:12:42 ID:???
亡くなるまで存在をまったく知らなかった実父の、たぶん修羅場。

妊娠したけど元カレが結婚向きの男ではないので、元カレ親の目の前で
「え? 子どもは産むけどあなたと結婚はしないよ? だってあなた結婚向きでも父親向きでもないし。
認知だけして後はほっといてね。実家の親と育てるから」
とかましたと豪語する身内がおります…うちの母ですwww
なんだか認知すると父親の戸籍に婚外子がいる事実が載るらしく
「そんなことされたらうちの息子が結婚できなくなる!責任とってちゃんと結婚しろ!」
と元カレ親に責め立てられた(普通は逆だろwww)けれど
手に職も理解ある実家もがっつりある母には蛙のツラにしょんべん状態。
結婚も同居も嫌だけどときどきわが子に会わせるぐらいはいいか、と思っていた母ですが
うるさくて嫌気が差したので、弁護士入れて認知だけさせてさっさと縁を切ったそうです。

その元カレ、私にとっての実父が今年始めに亡くなったそうで、
相続財産が来たんで、税金払った残りを私の子どもたちの進学費用に丸々とってあります。
孫のためにつかうってことで、草葉の陰の実父も納得してくれるといいなあ。

実父が結婚できたのかどうかは知りませんが、相続人が私だけだったようなので
たぶんできなかったんじゃないかな?
戸籍取り寄せて結婚歴がないのに婚外子だけいることがわかったら、
入籍直前でもふつうに誰でも二の足踏みますよね。
シングルマザーよりある意味風当たりがきつかったんじゃないでしょうか。

【母は私を身籠った後、父に認知だけさせてあっさり別れた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
118: 名無しさん@おーぷん 2015/04/08(水)20:53:22 ID:rId
私の母は音読の発音がおかしい
浅香唯の音読とほぼ同じ

つい最近、人から新品バスタオルを貰ってきた

母「巨↓人↑のバスタオル貰ってきたの~」
娘二人「え??(進撃の)巨人?どれどれ~?」
母「ほら、ジャイアンツのバスタオルだよ~」

進撃の巨人が好きな娘二人は軽くショック受けてたよ
ある意味コントのようだったwwww

音読だけおかしいかと思ってたら
日常会話もおかしかったんだね、母よ

けど、指摘したら逆ギレするから言わないよ

【発音のおかしい母が貰ってきたバスタオル。進撃の巨人かと思ったら野球の巨人だった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
515: 名無しさん@おーぷん 2015/04/29(水)13:17:21 ID:???
修羅場とは違うかもしれませんが。

私の父と私は血のつながりはない。血縁上の父親は私が生まれてすぐ出ていったそうだ。だから顔も名前も知らない。

私が2歳か3歳かの時に母が再婚して今の父と一緒に住んでいた。そしてすぐに弟も生まれて何不自由なく父と血が繋がっていないことを除けばごくごく平凡な家庭だった。

小学校1年の時母が突然いなくなった。

学校から帰ると母がいなかった。弟の幼稚園お迎えに行っていると思ってテレビ見ながら待ってたが1時間たっても帰ってこない。

幼稚園から電話が来て「お母さんは?」と聞かれて「家にいない」と答えた。

さすがに不安になり母の実家(車で10分くらいの距離)に電話するとおばあちゃんがすぐに弟を迎えに行って、弟と家に来た。


おばあちゃんは家に来てテーブルの上にお母さんからの置手紙をみつけ、おばあちゃんが父やおじいちゃんに連絡をしたらしくおじいちゃんやおじさん、父も仕事を切り上げ帰ってきた。

父は青ざめていたが、不安な顔をしている私と弟に気づいて「大丈夫だよ、でも、お母さんしばらく家に帰ってこれないみたい」と言ってくれた。

【駆け落ちして家出した母と再会。母の気持ちを知り、再び一緒に暮らすことを決意】の続きを読む

このページのトップヘ