人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ:家族・親戚 > 父母・祖父母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
30: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 03:37:52.21 ID:ELLSQgcK
流れ読まずにすみません
母親がつい先日亡くなった祖母とずっと会話してるのですが死人の声が聞こえることなんてあるのでしょうか
正直精神病発症してると思う

31: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 03:56:54.43 ID:pwLP0x9r
そっとしておいてあげましょう

ふざけているわけじゃなく

32: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 04:02:33.42 ID:ELLSQgcK
>>31 レスありがとうございます
やはり時間が必要ですよね…

もういない人に愚痴るより、生きている人間を頼って欲しいと思ってしまいます

33: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/20(月) 04:38:02.03 ID:pwLP0x9r
大事な人を失ったら冷静じゃいられないですわ
あせらず温かな目で様子を見てやってくださいな

危ないことや人の迷惑になることを始めたら要注意

【亡くなったばかりの祖母と延々会話を続けている母】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
107: 名無しさん@おーぷん 2017/02/16(木)19:43:40 ID:iOl
第三者による両親の離婚が、人間不信とトラウマの原因になった修羅場
長い上、文才の無いおっさんが書くから、読みにくかったらごめん

神聖職に就いておきながら「今○○の土地が安いから」などと言い放った人に
父がホイホイ乗せられて山奥の土地を買ってしまう
そこで目が覚めてくれればどうにでもなったけど、家まで建てはじめていた

当然私や母にも、父から「ついてきてくれないか」と聞かれたよ
ただ、当時は大学受験で手いっぱいだった私は聞かれた時点で寝耳に水
聞かれた時点で両親はおろか、母方祖父母からも経緯を聞いてもなかったし、聞かされていなかったから
純粋に「一緒に引っ越したとしても通学面でキツすぎるから無理」と父に言った

もともと気が強い母も「買い物するとき、自転車で行ける近場に店がある訳でもない」と言い放ち
父もどんどん言葉に詰まっていく
「第一、近隣にウチ以外の家なんてないじゃないか」「うつ通り越してノイローゼになるわ!」
と言われ、父は母を説得することを諦めたようだった

ただし「母と私をつれていく」ことは諦めても、父は引っ越しをやめる・土地や家を売ったりしなかった
「今までコツコツ頑張ってきた私や母に人生を諦めろって言うのか」と私が言った言葉ですらも、父には届かなかった
私の意図を察したのか、この言葉を聞いても1人で行くと言った父に勘忍の緒が切れた母は離婚した

まだ未成年で、良くも悪くも子供だった私に(両者間での取り決めなど)詳細は語られなかったけれど
「『コツコツ頑張ってきた自分と母に人生を諦めろっていうのか』というあんたの言葉で目が覚めた」
と言ってきた母と抱き締めあって夜通し泣きまくった日を、私は一生忘れない

今では大学もどうにか卒業できたし、就職先でいい雰囲気になった方と結婚もできた
子供たちに「父ちゃんしっかりしろ!」に豪快に背中を叩かれつつ、妻子共々幸せに暮らしている

「孫たちの子供を見るまで、くたばる訳にはいかないしね」
とカラカラ笑っていた母が先日天寿を全うしたので、区切りもかねて投下

【山奥の土地を買って家を建てた父。母は引っ越しに反対し続け、最終的に離婚】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
209: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)17:05:44 ID:86a
ばあちゃんに最近彼氏ができた。といっても読書仲間だけど。

と思ったら50年位前に付き合ってた人だった。

存在そのものを忘れてて、お互い配偶者を亡くしてから再会。
会った瞬間思い出したらしい。まじドラマ。
そこから普通のお婆ちゃんが小綺麗なマダムになって嬉しそう。
恋するとこんなに変わるのか、と衝撃を受けた出来事でした。???

213: 名無しさん@おーぷん 2017/02/14(火)18:25:38 ID:QZl
>>209
バレンタインデーに素敵なお話をありがとう?

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その17

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
299: 名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水)13:45:49 ID:H2x
初めて書き込むので読みづらいかも知れませんが、相談させてください。
私の父は、私が産まれる前から海外出張ばかりでした。私と一緒に過ごした時間より海外にいた時間の方が長いです。
五年ほど前から出張先の同僚(私の2つ年上、何人か知らないです)と不倫関係になり、去年の夏頃母にボロいマンションを与えて追い出し離婚(慰謝料はそのマンションのみ)、彼女と先月入籍したそうです。
私は結婚して実家を離れているので、顔を合わせたことはありません。興味もありません。

そしてこれが一番の問題なのですが、祖母が外国人の若い嫁連れてる私マジグローバル!な状態になっているのです。
ド田舎ですので、外国人が家にいるということが自慢になるとでも思っているのか…若い嫁さんを連れてご近所に挨拶回りをしまくり、知り合いに片っ端から電話をかけまくり。私の夫の実家にも何故か電話攻撃贈り物攻撃。

電話依存してるな~とは学生の頃から思ってましたが、私ではなく夫の実家に電話しまくることに申し訳なさを感じて参ってます。
父を通してやめてほしいと頼んだのですが、理解出来ないようです。それどころか「かけたことないよ」と。もう、絶縁する!と言ってしまってもいいんでしょうか。
私が小さい頃はずっと祖母が面倒を見てくれていたので、そんなこと言ったら傷つくのでは、と悩んでいます。

【父が若い外国人と再婚。祖母が舞い上がり、周囲に自慢しまくっている】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
47: 名無しさん@おーぷん 2015/09/20(日)16:48:52 ID:fcs
私は父子家庭で今大学1年で一人暮らしをしています。
私の部屋に父親の再婚相手?(籍はいれてないらしい)
が住んでいるのですが、とんでもなくわがままな人で私と妹
の話を父がするとむくれて帰ったりするような人です。
妹(中3の受験生)と折り合いが悪いらしく、私が注意すると
チクったと騒いで話にならないそうです。父親は自分のことにしか
関心がない人なので頼りになりません。
せめて同居は妹が大学生になってからにしてくれと頼んだのですが、
聞いてくれませんでした。私にできることは何だと思いますか。
ご意見いただけませんか。

【私が実家を出た後、再婚相手と同居を始めた父。再婚相手は中3の妹と折り合いが悪い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
42: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2017/02/13(月) 20:03:34.21 ID:jg8DcohQ
親がクレジットカード詐欺?の被害に遭って身に覚えのない多額の請求がきて、
わけもわからず何事かと戸惑っているうちに生活費を入れてある口座から全額引き落とされてしまい
それでも請求額に足りないとカード会社から口座も凍結されてしまって
公共料金なども滞納になってしまったこと。

万が一のために別の銀行にも口座を持ってたけど預金はわずかで
親の生活費がなくなってしまったから私の預金でなんとかしてたけど、
公共料金の督促がきても全額払いきれなくて私も給料日前(20日)だし
私も色んな支払いがあるから
私の給料日と母の少ない年金支給日まで家族3人1日500円で生活するしかなくなってしまった。
クレジットカード詐欺かもしれない件については弁護士に相談のうえ警察に届け出る予定。
それでも全額返ってくるか…
今日は赤い割引シールが貼ってあるスーパーの60円のおにぎりを買ってひとつずつ分けて食べた。
まさかこんなことになるとは思ってなかった。

【親がクレジットカード詐欺に遭い口座が凍結。給料日前まで極貧生活を強いられた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
870: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)19:53:36 ID:ms3EUtg1w
家族の修羅場。
私の父はある自動車メーカーの工場に勤めていた。
私がまだ小2の頃、父に肩車されて出掛け
街中を走る車を見てはお父ちゃんが作ってる車だとはしゃいでいた。

ある日、帰宅した父の様子がおかしかった。
小さかったけどはっきり覚えてる。
父は本当に子煩悩な人で、帰宅すると私や妹を追いかけ回しては
頬ずりしまくる人だったのに
その日はいつもより遅くに帰ってきて玄関に入るなりへたりこんだ。
私と妹は母に言われて自分たちの部屋に行かされ
その日はいつものような団らんはなかった。
翌朝、父の顔は別人みたいだった。
何があったんだろうと気になったけど、父も母も何も教えてくれなかった。
心配で心配で授業どころじゃなくて、学校が終わると走って帰った。
家に帰ると、父はいなかった。
母に聞くと会社に行ったと答えたけど、母も心配してる様子だった。
「お父ちゃんどうしたの?」って聞いてもやっぱり教えてくれなかった。
その日も帰宅した父の様子はおかしかった。
その日だけじゃなくて、それからしばらく父は何か食べてもすぐ戻してしまうし
夜中に突然大声をあげて暴れたりするし、
どうなっちゃうんだろうって怖かった。
そんな日が何日も続いて、父は会社を辞めて母の故郷に家族で引っ越した。
母方の祖父の伝手で農協でアルバイトをしながら
母の実家の農業を手伝うことになった。
まるっきり正反対の仕事だったけど、父には意外と合っていたようで
何年かあとには正社員になり、そのまま田舎で一生を終えた。

父に何があったのか知ったのは中学の時。
勤務先の工場で、父の目の前で同僚がプレスされたらしい。

【目の前で同僚がプレス機に潰され、トラウマで精神を病んだ父】の続きを読む

このページのトップヘ