人生楽ありゃ苦もあるさ

カテゴリ:家族・親戚 > 父母・祖父母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
8: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/11(金) 19:44:26 ID:r1ASUxrd
祖父の家に遊びに言った時に
祖父が縁側で仰向けになって泡を吹いていたんですが気持ち悪くてそのまま見て見ぬフリをして帰ってしまいました。
というのもちょっと痴呆ぎみだった祖父からお金をくすねる為に頻繁に遊びに行っていたのでまた盗みに来たと疑われるのが嫌だったんです。今になって振り替えると祖父にはほんとうに気の毒な事をしてしまいました。ごめんなさい。

9: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/12(土) 01:15:17 ID:6QUM0RAH
運よく?助かったら、命の恩人孫として祖父さん心のランキング急上昇
手遅れだったら、死人に口なしで万事おkだったのに

ま、痴呆だったら同居の家族である親族に迷惑になるかも知れなかったので
結果オーライだ、と○○の役にも立たないことをいってみる

引用元: ・墓場まで持っていく話を書き込むスレ第17話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
624: 名無しさん@おーぷん 2016/12/30(金)09:27:14 ID:JS7
私の反抗期は15下の弟の誕生で収まった
母も私も気が強くて、いちいち反発しては言い合いになってたけど、
生まれた直後のある日、声をかけたら暗い瞳で見られた
その時だけは神がかりのように母の言いたいことが分かった

責められる、と思ったんだと思う

その日、朝食の用意ができなかった
妊娠した時点で、弱り始めた母に私はもう何も言わなくなってて、
声をかけた理由は別だったんだけど母はそうは取らなかったみたい
妊娠前に起きてたことがもう一度起こると懸念したんだろう

私が責めて、また言い合いになる
そういう想像を今の体調に重ねて絶望した目

【母にいちいち反発してばかりいた私。15歳の時に弟が生まれ、私の反抗期は終わった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
270: 名無しさん@おーぷん 2016/12/27(火)04:19:23 ID:mJs
朝五時、彼氏へのお弁当を母監修のもと作成していたら、
まだ起きてこないはずの父とバッティング「どうしてふたつあるんだ?」

当時高校生で私は反抗期、父とはここ数年まともな会話がない
材料費は家計、母は専業なので元をただせば父の金
父は躾に厳しい、子供は他人にものを奢るなと躾けられてた(意訳、俺の金で奢るな)
古い人で男女関係にも厳しい
弁当は片方どう見ても男物、友達の物ではとても誤魔化せない
彼氏には前日お昼用意しないでと取り付けてある

あ、詰んだ、と死んだ目をしてたら、
「貴方の分よ。仲直りしたいんだって」と母の助け
語りだしたのは、切っ掛けをお弁当に求めた反抗期の改心ストーリー
乗るしかねえと「最近態度悪かったよね、ごめん…」と殊勝に振る舞ったら

そしたら長い沈黙のあと泣かれた
「良かった。本当に心配してたんだ、お父さんなんか悪かったんじゃないかって云々かんぬん」
初めて男の人が泣く姿を見た
「昔から本当は優しい子だと思って、本当によかった云々かんぬん」
そのままドン引く私と笑顔を崩さない母と良かった繰り返す父とで感動系のホームドラマが進行

「へー、…へー(語尾を吊り上げるように)、俺のためかー」
残念!男のためです!
「ああ俺これ好きなんだよ、母さんに聞いたのか?」
彼氏の大好物です!

「俺は何も怒ってないから。お前が大丈夫ならもういいんだ、うん…うん」
「よかったね、あなた(棒)」
「ごめんね、お父さん(ほんとに)」

夜はケーキお土産に買ってきて、食べながら幼いころ頃の思い出話を聞かされ
「美味しかったぞ。またこれで頼むな」つ2000円
材料費GETだぜ!

罪悪感で死ねる
その日以降反抗期は諸事情から収束しました

【彼氏へのお弁当を作っている時に父が来て、なぜお弁当が2つあるのかと聞いてきた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
296: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:KCliizw4
バレーの中継で日本の相手がウズベキスタンだったんだけど、
母が「ウズベキスタンってエジプトの近くだったよね」と
行った事あるくらいの勢いで自信ありげに言い出して
一度目の衝撃
まあ何とかスタンてややこしいもんなと思いつつ、
「間違えるにしたってインドかロシアの近所とかだろ」と言ったら
母はインドの辺りにエジプトがあると思い込んでいて二度目の衝撃
さらにエジプトの辺りは砂漠で国なんかないと思ってた
私有地?私有地なの?
(国があるとしてもあの辺一帯がまとめてアラブだと思ってた)
でも総合的に考えたらウズベキスタンの位置はだいたい合ってるじゃん!とフォローしかけたら
母の脳内地図ではサウジアラビアが丸ごとウズベキスタンになってた
もう何も言えなかった
そもそも海外旅行すら行ったことないのに
何であんな行って見てきたレベルの自信を持ってたのかが分からなかった

たまらず父(歴史好き、地図好き)がため息ついたもんだから母が怒ったが
その場で検索して世界地図を見せたら
気まずそうに黙った
いつもこうなんだから言わなきゃいいのに何故言うのか
弟が「絶対よそで言うなよ!!」と怒ってるのに懲りずに
「私またやっちゃった」と職場で話してドン引きされているらしい

しかし我が家一番の衝撃は、
こんな何ともいえない発言ばっかりで「喋ってないと死ぬ病気なのか」と思うくらいお喋りな母が
勉強家で口数の少ない父と恋愛結婚して、
子供まで作ってるっていう事実だと思う

【ウズベキスタンはエジプトの近くにあると本気で思っていた母】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
900: 名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月)14:21:05 ID:1B1
初めてこういったところに書き込むので、不備や失礼がありましたら申し訳ありません。

先日私は成人しまして、その報告にと小さい頃離婚して別れた父親に初めて連絡を取りました。
十数年ぶりの連絡に喜んでくれて、日々の報告などをしながら良い関係を築けていたと思います。

ただ、私は養育費を一度も貰ったことがなかった為、自動車学校の費用だけでも援助してもらえないか頼みました。
その話をしてからというもの、父親が怒っているというか…もう狂っているとしか言いようがないくらい話が通じません。
養育費も離婚時に父親が無職だったので、就職して支払える状況になったらとの約束だったはずなのに、「ママのお母さん(私の祖母です)がいらないって言った!パパから娘を奪った!」の一点張りです。

祖母はもう他界していますが、厳しい事ばかり言うけれど、いつも自分より人の事を一番に考える人でした。
そんな祖母まで酷い言葉で侮辱され、頭に血が上って父親に復讐することばかり考えています。

確か養育費は子供の権利で、過去の分を請求する訴訟を起こすことも可能と聞いたのですが、ご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?
また、私も冷静ではないと思うので、第三者の目線でご意見を頂けたら非常に助かります。
長くなってしまってすみませんが、よろしくお願い致します。

【離婚した父親からは養育費を貰っていない。自動車学校の費用を援助してほしいと頼んだら怒られた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
43: 名無しさん@おーぷん 2015/12/04(金)21:19:30 ID:z5M
愚痴

田舎の母が養護学校の人達が作った野菜を買った
断られることが多いんだろうな、と思って買っただけ
近所にいる私が子供の時からお世話になってた農家のおばさんも買った
以来、何度も来るようになって野菜だし買って困るもんじゃないしとその都度買っていた
それを知った近所の人達にヒソヒソされてる
騙されて買ってるw
集られてるw
とかそんな感じ
己らの懐が痛む訳じゃあるまいにほっとけばいいのに
余計なお世話だ、と母親は憤慨しとる

【養護学校の生徒が作った野菜を買った母。近所の人達がそのことでヒソヒソしている】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
27: おさかなくわえた名無しさん 04/02/03 20:23 ID:QRGPtjXk
祖父の葬式の夜に聴いてしまった事。
親戚「いつになったら○○(僕)に言うんだ?」
実父「まだ早いと思って」
親戚「けど、もう17だろう・・・」

僕が寝ていると思って話しているのだが、
起きぬけの僕には何の話かよく判らなかった。

親戚「もう、血とか何とか言わないだろう、17年も一緒に暮らしてれば」
僕「!?」

そのまま寝ている振りで通し、その後戸籍から自分の実父が養子と知り、
祖父・祖母と血が繋がっていなかった事を知りましたが。

これから先、実父の口から聴いた時に初めて聴いた事にするべきなのか。
もしくは実父は墓の中に持って行く気なのか。

微妙にズレているのでsage

【17歳の時、自分は父方の祖父母とは血が繋がっていないことを知った】の続きを読む

このページのトップヘ